×
掲載日
2016/11/16
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

楽天、バルサとスポンサー契約を締結 

掲載日
2016/11/16

 EC大手の楽天が、スペインのサッカーチーム「FCバルセロナ」との4年間のパートナー契約締結に合意したことを発表した。次シーズンからは、契約が終了したカタール航空に代わり、スポンサーとしてユニフォームに名前が刻まれることになる。

FCバルセロナのジョセップ・マリア・バルトメウ会長と楽天の三木谷浩史代表取締役会長兼社長 - FC Barcelona


 11月16日、楽天の三木谷浩史代表取締役会長兼社長とFCバルセロナのジョセップ・マリア・バルトメウ(Josep Maria Bartomeu)会長が立ち会い、現地にてセレモニーが行われた。スポンサー期間は2017-18シーズンからの4年間で、契約金額は年間5500万ユーロ(約64億円)だという。
 
 「楽天とFCバルセロナで、これまでにない形でのスポーツとビジネスの融合を生み出し、スポーツビジネスにおけるパートナーシップの新しい成功モデルを提示していけるものと期待しています」とバルトメウ会長はコメント。三木谷社長も、「楽天の世界でのブランド戦略を強化するだけでなく、FCバルセロナの『イノベーション パートナー』となることで、新たなイノベーションの枠組みを作っていくパートナーとなることを楽しみにしています」と話した。

 楽天の子会社で、世界中にユーザーを抱えるメッセージングアプリ「Viber」は、「FCバルセロナ」のファンに向けた公式コミュニケーションツールになる予定だ。
 

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com