×
By
fashionsnap
掲載日
2015/02/09
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

渋谷パルコが春の改装 スープラなどネクストトレンドのスニーカー導入

By
fashionsnap
掲載日
2015/02/09

 渋谷パルコが、2015年春のリニューアル第1弾をスタートさせる。スニーカーブームのネクストトレンドを担うと予想するスニーカーブランドの導入や、若手クリエイターによるジャパンモードのインキューベートなど、モードファッションとエンターテインメント・カルチャーを基軸に、新しいモノ・コトを提案する。


 渋谷パルコは、注目のスニーカーブランドと位置付けて、スケートシューズの枠を超えてストリートで話題の「スープラ(Supra)」による国内2店舗目のオフィシャルストア(2月20日〜パート1・地下1階)と、「アシックスタイガー(Asics Tiger)」の世界初のオンリーショップ(3月7日〜パート1・地下1階)をオープン。その他、ジャパンモードの支援を目的としたインキュベートの取り組みとして、「アンリアレイジ(Anrealage)」による期間限定ショップ「ひかり-Anrealage×ぱりゅこ×Parco―」(2月10日〜3月3日 パート1・1階)、エイ・ネットの新ブランド「タクタク(tac:tac)」の期間限定ショップ(3月24日〜5月6日 パート1・1階)を出店する。

 渋谷パルコ全館の2014年度の売上高は前年比115.0%、入館客数は105.4%と好調に推移しており、特にパート1は売上高前年比126.9%と大幅に伸長。モードファッションに分類する「バオ バオ イッセイ ミヤケ(Bao Bao Issey Miyake)」や「マッドストア アンダーカバー(Madstore Undercover)」、「スナイデル(Snidel)」、「オープニングセレモニー(Opening Ceremony)」、エンタテインメント・カルチャーの「渋ポップ」や「ザ ゲスト カフェアンドダイナー(The Guest Cafe&Diner)」などが売上に貢献しているという。

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.