×
掲載日
2020/04/14
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

第7回「LVMHプライズ」は中止 過去受賞者への支援基金も

掲載日
2020/04/14

 新型コロナウイルス拡大を受け、6月5日に最終選考結果が発表される予定だった「LVMHプライズ」の中止が決定した。

第7回「LVMHプライズ」ファイナリスト - LVMH


 今年の優勝賞金30万ユーロは、ファイナリスト8組全員に均等に授与されるという。2月27日〜28日に行われた選考会を経て、日本の小泉智貴による「トモ コイズミ(Tomo Koizumi)」のほか、「アルワリヤ(Ahluwalia)」、「カサブランカ(Casablanca)」、「チョポヴァ ロウェナ(Chopova Lowena)」、「ニコラス デイリー(Nicholas Daley)」、「ピーター ドゥ(Peter Do)」、「シンディソ クマロ(Sindiso Khumalo)」、「スープリヤ レレ(Supriya Lele)」が最終選考に残っていた。
 
 また、「LVMHプライズ」は若手デザイナー支援を目的とした基金も開設。主に今年のカール・ラガーフェルド賞(Karl Lagerfeld Prize)賞金を充てるという。
この基金は「LVMHプライズ」過去6回の受賞者を対象にしたもので、書類の提出などが求められるが、詳細は追って発表される予定だ。

 同賞を主導するデルフィーヌ・アルノー(Delphine Arnault)は、「『LVMHプライズ』は、設立当初から若手デザイナーを奨励・保護してきました。毎年世界中の若手デザイナーを発掘し、会社の成長を支援しています。現在の困難な状況のなか、この基金によって過去の受賞者たちを支援することにより、『LVMHプライズ』はその第一の使命を全うできると考えています」とコメントしている。
 
 

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com