×
By
fashionsnap
掲載日
2012/03/06
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

羽田空港に伊勢丹メンズが出店、バカラのバー併設

By
fashionsnap
掲載日
2012/03/06

 三越伊勢丹グループが、羽田空港国内線第1旅客ターミナル内に、紳士用品雑貨と飲食を編集した「イセタン ハネダ ストア」を4月20日にオープンする。日本空港ビルデングとの共同事業によって、旅の「緊張感」や「癒し」を柱としたライフスタイルを提案。飛行場を一望できるカフェや、「Baccarat(バカラ)」がプロデュースするバー「B bar Haneda」が併設される。



 羽田空港の国内線第1旅客ターミナル2階に出店する「イセタン ハネダ ストア」の総面積は、約850㎡。店舗は、ビジネスシーンを想定した「緊張感」、くつろぎのシーンを想定した「癒し」をキーワードに編集される。ビジネスシーンのエリアでは、ステーショナリーやアクセサリー、革小物を展開。「Tumi(トゥミ)」、John Lobb(ジョン・ロブ)」、「Luigi Borrelli(ルイジ ボレッリ)」などを揃える。一方、くつろぎのシーンのエリアでは、「Santa Maria Novella(サンタ・マリア・ノヴェッラ)」や「steteco.com(ステテコドットコム)」など、楽しさを演出するカジュアルアイテムや、癒しのコスメなどをラインナップ。人々に永く愛用されてきたアイテムや、世界の逸品と称される一流品など、紳士雑貨を中心とした「モノ」の編集と、さまざまなライフシーンをサポートする「コト」を充実させ、"東京の旬"を演出する。

 2つのシーンに加えて、空港ならではのサービスも充実。デビットマイヤーがプロデュースする焼菓子店「Sola(そら)」や、新しい飴の形を提案している「Ameya Eitaro(アメヤ エイタロウ)」など、三越伊勢丹限定のブランドを揃えた「フーズギフト」、愛用の靴のメンテナンスやシューカウンセリングを行う「シューシャインバー」を併設。ショッピングスペースと隣接したオリジナルのカフェでは、コーヒーハンターの川島良彰氏監修によるコーヒーの他、ソフトドリンク、アルコール、素材にこだわったフードを揃える。また、シャンデリアのある美しいラグジュアリーな空間「B bar Haneda」では、オーダーメイドカクテルをバカラタンブラーで提供。バーとしてだけではなく、グラスやクリスタル雑貨の販売も行う。

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.