×
By
fashionsnap
掲載日
2015/01/11
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

英バブアーがデザイナー相澤陽介を迎えた新ライン本格始動 ロンドンでプレゼンテーション

By
fashionsnap
掲載日
2015/01/11

 英国ブランド「バブアー(Barbour)」が1月9日、「ホワイトマウンテニアリング(White Mountaineering)」のデザイナー相澤陽介を迎えたファーストライン「ビーコン ヘリテージ レンジ バイ ホワイト マウンテニアリング(Beacon Heritage Range by White Mountaineering)」の2シーズン目となる2015-16年秋冬コレクションを発表した。ロンドンで開催中の「ロンドンコレクションズ:メン(London Collections:Men / LCM)」の公式スケジュールに初参加し、本格的なプレゼンテーションを開催した。


 相澤陽介は「服を着るフィールドは全てアウトドア」をコンセプトに、デザイン性、実用性、技術の3つの要素を兼ね備えたデザインが特徴。「バブアー」と協業する「ビーコン ヘリテージ レンジ バイ ホワイト マウンテニアリング」は、今シーズンを本格的なスタートと位置付け、「LCM」初日にロンドン市内のスイスチャーチで新作を発表した。

 「バブアーには、あくまで定番的な考え方が必要。そこに毎回、新しいものや面白いものを加えて、少しずつモダンにしていきたい」(相澤)という新作コレクションでは、100年以上続く「バブアー」の伝統に個性がミックスされた。オリジナルの迷彩柄が特徴で、前回は「ジャポニズム」をテーマに葛飾北斎の「富嶽三十六景」から着想したウェーブプリントを使用していたが、今回は「バブアー」の創業地サウス・シールズの海を撮影し、迷彩のグラフィックに落とし込んでいる。

 ラインナップは、防水性の高いオイルド加工が施されたマウンテンパーカや、切り替えのダッフルコートなど、アウターやシャツといったウェアをメインに約30型。会場では、モデルを使ってレイヤリングを見せるアプローチで、重厚感のあるスタイルを提案した。「バブアー」の本質やディテールを継承しつつ「ホワイトマウンテニアリング」の個性が際立っているが、あくまでも「世界中の店舗に並んだ時に、違和感が無く受入れられるようにしたい」という考えだ。アウトドアウェアのスタイルではブーツが定番だが、次シーズンに向けてオリジナルのスニーカーの制作も視野に入れているという。

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.