英国発ウオッチ「ヘンリーロンドン」が本格上陸、地下鉄の駅名を付けた15色を展開

 イギリス発の時計ブランド「ヘンリーロンドン(Henry London)」が日本に本格上陸する。これに伴い、10月28日から11月4日の期間、時計専門店「チックタック(Tic Tac)」(一部店舗除く)でデビューフェアが開催される。

Henry London

 「ヘンリーロンドン」は、デザイナーがロンドンの骨董市で「Henry,August 1965」と裏蓋に刻印されたスイス製のヴィンテージウオッチを見つけ「このHenryの時計を現代に蘇らせたい」との思いで2015年にスタートしたブランド。海外では「ASOS」や「Anthropologie」といった有名セレクトショップでも取り扱われている。
 
 モデルとなったヴィンテージ時計をベースに、ケースとドーム型レンズを一体化し文字盤と針に微妙なカーブを施したウオッチを展開。15色のカラーバリエーションをそろえ、それぞれのカラーにはロンドンの地下鉄の駅名が付けられている。ベルトには高品質の薄く軽いミラネーゼブレスや、柔らかいレザーストラップを採用。また、モデルとなったヴィンテージ時計のように裏蓋に刻印できるよう設計されている。価格帯は税別1万7,000円〜2万9,000円。
 

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアファッション - その他リテール
新規登録