×
By
fashionsnap
掲載日
2016/11/10
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

英小売大手「マークス&スペンサー」衣料品不調で店舗を大幅閉鎖へ

By
fashionsnap
掲載日
2016/11/10

 英小売り大手の「マークス&スペンサー(Marks & Spencer)」が衣料品の売上の落ち込みなどから、国内及び海外店舗を大幅に閉鎖することを発表した。


 イギリス国内では衣料品、生活雑貨、食料品のフルラインを扱う店舗を今後5年で30店舗閉鎖。売上の落ち込みが顕著な衣料品部門は店舗面積を縮小し、好調を維持する食料品のみを扱う形態の店舗に移行する。また中国、フランス、ベルギーなど10カ国で展開する53の店舗を閉鎖することも合わせて発表され、海外はアイルランド、香港、チェコのみの展開となる。同社によるとここ5年、衣料品部門が足かせになり売上が減少。今後、衣料品は全体の売り上げの17%を占めるオンラインストアに注力し、店舗縮小でランニングコストを削減しつつ、効率のいい食料品事業で穴を埋めたい考えだ。
 

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.