×
By
fashionsnap
掲載日
2019/11/04
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

蜷川実花がH&M×ジャンバティスタ・ヴァリを撮影、モデルに中川大志や玉城ティナを起用

By
fashionsnap
掲載日
2019/11/04

 「H&M」が、ジャンバティスタ・ヴァリとのコラボレーションコレクション「Giambattista Valli x H&M」の発売に先駆けて、蜷川実花が撮り下ろしたルックを公開した。

Giambattista Valli x H&Mルック - Image: H&M


 コラボコレクションでは、メンズ、ウィメンズあわせて全114アイテムを展開。ドレスメーカーのヴァリが得意とする多層のチュールや、ビーズ、パール、刺繍などのディテールを取り入れ、ロマンティックかつボヘミアンなテイストに仕上げた。ヴァリにとって初の展開となるメンズウェアは、ヴァリ自身のワードローブをインスピレーション源に、アニマルプリントやフラワープリント、スパンコールや透け感のある素材を使い、ユニセックスで着用できるアイテムを揃えた。アクセサリーでは、H&M初の淡水養殖真珠のネックレス、ブレスレット、イヤリングなどをラインナップする。
 
 蜷川は今回のコラボコレクションのテーマ「#Project♥」に合わせ、俳優の中川大志、モデルで女優の玉城ティナ、歌手のDaoko、俳優の笠松将、義足モデルのGimicoの5人をモデルにキャスティング。ルックではソロカットのほか、玉城と中川、玉城とDaoko、笠松とGimicoの2ショットも撮影された。玉城が着用した赤いドレス(4万4,999円)は、チュールを重ねたフィッシュテールのデザインで、玉城は「デコルテも見せながら体のラインもきれいに見せてくれる」とコメントしている。

 コラボコレクションは11月7日に世界同時発売。日本では渋谷店、新宿店、名古屋松坂屋店、心斎橋店の4店鋪と公式オンラインストアで取り扱う。

 

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.