×
By
fashionsnap
掲載日
2014/01/19
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

西日本最大級SC「阪急西宮ガーデンズ」大規模改装 アメリカンイーグル関西初進出

By
fashionsnap
掲載日
2014/01/19

 西日本最大級のショッピングセンター「阪急西宮ガーデンズ」が、2008年の開業以来、最大規模のリニューアルを実施する。全256店の約3割にあたる80店舗(新規出店48店、改装32店)を対象に、一部の店舗区画を大型化。関西初出店となる「American Eagle Outfitters(アメリカンイーグル アウトフィッターズ)」や「aerie(エアリー)」など、3月7日から順次オープンさせる計画だ。


 店舗面積107,000平方メートルの「阪急西宮ガーデンズ」は、専門店の総面積46,000平方メートルのうち、約3割にあたる12,000平方メートルをリニューアル。コアターゲットの「ファッションや生活にトレンドを取り入れながら自分らしさにこだわるハイセンスな女性」に加え、カップルやファミリーが楽しめる施設づくりを目指すという。

 リニューアル後は、1階を「日々の暮らしを大切にする山の手ライフスタイルのフロア」、2階を「お洒落にこだわる都市型で高感度なファッションのフロア」、3階を「阪神間で暮らす高感度な人々の多様なライフスタイルのニーズに応えるフロア」と各フロアのコンセプトを明確化させる。関西初出店となるのは10店舗で、最も大きくテナントを入れ替える2階には、ポイント初のセレクトショップ型ブランド「Squoval(スクオーバル)」やベイクルーズの「Journal Standard relume(ジャーナルスタンダード レリューム)」、ビームスのファミリー業態「B:Ming Life Store by Beams(ビーミング ライフストア バイ ビームス)」などを揃える。

 阪急西宮ガーデンズは、首都圏以外の商業施設では初となる「日本SC大賞・金賞」を昨年3月に受賞。来館者数と売上高は4期連続で増加しており、2012年度には来館者数約1,940万人、売上高約736億円を記録した。リニューアル後の2014年度は、来館者数約2,000万人、売上高約750億円を見込んでいるという。

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.