×
By
fashionsnap
掲載日
2015/12/15
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

西武池袋がバレンタイン商品の受注開始「オロビアンコ」「ジョナサン アドラー」とのコラボも

By
fashionsnap
掲載日
2015/12/15

 西武池袋本店が、バレンタイン2ヶ月前の12月14日にインターネットサイト「e.デパート」でバレンタイン商品の受注をスタートした。1月23日から予定している催事「チョコレートパラダイス2016」が開催されるまでの期間は、同サイトで取り扱う商品の試食やサイトの告知などを行うブースを食品館のギフトサロンに設置し、インターネットによる売上を向上させる狙いだ。

西武池袋がバレンタイン商品の受注開始「オロビアンコ」「ジョナサン アドラー」とのコラボも


 そごう・西武グループで最も来店者数が多い西武池袋本店は、毎年バレンタイン商品の売上が好調で、インターネットによる売上は前年比125%の 伸び率だったという。今年は「甘い冒険」をテーマに、関東最大級となる約120ブランドが参加。西武・そごう限定商品として「ジョナサン アドラー(Jonathan Adler)」や「オロビアンコ(Orobianco)」といったファッションブランドとのコラボレーション商品が登場し、「オロビアンコ」はイタリアの 有名菓子「バビ(Babbi)」と協業する。近年はギフトだけではなく自分用の購入やリピーターが多く、そういった客層に向けて「ブルガリ (Bvlgari)」の"宝石"と呼ばれるチョコレートのアソートや、「ピエール・エルメ・パリ(Pierre Hermé Paris)」といった人気パティシエが作る店舗限定商品など、高額で質の高い商品をラインナップ。取扱商品の中の最高額は、金箔をふんだんに使ったカカ オサンパカの「コフレ デ コラオン」(2万7,000円)となっている。西武池袋本店の広報は「とにかく味にこだわり、ここにしかないものを取り揃えている」とコメント。「E.デ パート」では、店頭で販売する商品の一部が取り扱われる。  バレンタイン受注開始にともない、西武池袋本店は同日の開店前に商戦の成功に向けたシュプレヒコールを実施。ギフトサロンには約40種類のバレンタイン チョコレートの見本が陳列され、多くの来店者が興味を示していた。「チョコレートパラダイス2016」のオープニング企画では、日本酒「獺祭」と辻口博啓 によるショコラバーを計画。「マックス ブレナー チョコレートバー(Max Brenner Chocolate Bar)」や「アイスモンスター(Ice Monster)」といった人気店の商品もイートインとテイクアウトで提供を予定し、インターネットを含む売上目標は前年比110%を目指す。

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.