×
By
fashionsnap
掲載日
2020/08/31
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

賀来賢人が「ブルックス ブラザーズ」の顔に、日本人で初めてスタイルアイコンに就任

By
fashionsnap
掲載日
2020/08/31

 俳優の賀来賢人が、「ブルックス ブラザーズ(Brooks Brothers)」の日本人初のスタイルアイコン「Brooks Brothers Man」に就任した。

賀来賢人 撮影:操上和美


 賀来は2009年に映画「銀色の雨」で初主演を務めて以来、様々なキャリアを築きながら新しい役柄に挑戦し続けている。こうした賀来の姿勢がブルックス ブラザーズと共鳴するとして、スタイルアイコンへの起用が決まったという。

 就任発表と合わせて公開されたヴィジュアルは、8月30日をもって閉店した日本1号店のブルックス ブラザーズ 青山で、写真家の操上和美が撮影。ヴィジュアルで賀来は、オックスフォード生地のポロカラーシャツ(1万9000円)やストレッチコットンの2プリーツチノ(1万4000円)、フランネル素材の3ボタンブレザー(6万9000円)を着用した。シルクのポケットスクエア(6000円)やレップタイ(1万3000円)、コードバン ローファー(11万円/いずれも税別)といった小物を合わせた。

 ブルックス ブラザースのスタイルアイコンになった賀来は、「このような機会をいただけて光栄です。ブルックスブラザーズが提案するクラシックなスタイルに似合う男に近づけたのかなという自信に繋がりました。こういったスタイルを仕事以外ですることが少ないので、特別な日に着ると気分が上がります。今回Brooks Brothers Manに決まったことをきっかけに、クラシックなスーツスタイルにも今後より挑戦していきたいです」と就任の感想を述べた。

 

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.