資生堂がフィリピンで化粧品事業強化 合弁会社を設立

 資生堂が、合弁会社「Shiseido Philippines Corporation(資生堂フィリピン)」を12月に設立すると発表した。同社の100%子会社でアジアを統括する資生堂アジアパシフィック(Shiseido Asia Pacific Pte. LTD.)と、シンガポールに本社を構えアジアで化粧品代理店などを展開するLuxasia社(Luxasia Partners Pte. Ltd., )との間で合弁契約を締結。2019年7月から運用を開始するとともにフィリピン市場でマーケティング投資を加速し、売上拡大を図る。

Image: 資生堂

 同社は、中長期戦略「Vision 2020」において「プレステージファースト戦略」のもとプレステージ領域を第一優先としたマーケティングを行い、世界各地で成長を目指している。フィリピンは化粧品市場規模が東南アジアで3番目に大きく、プレステージ市場が2020年まで2桁成長が続くと予想されている。中でもメーキャップカテゴリーは著しく伸長し、日本ブランドの優位性も高まっている。同社はこれまでフィリピンでは販売代理店に委託していたが、今後は新会社である資生堂フィリピンで全てのブランドを取り扱っていく。
 
 新会社の資本金は5億8,000万フィリピンペソで、資生堂アジアパシフィックが過半を出資。「Shiseido」「ナーズ(Nars)」や「ローラ メルシエ(Laura Mercier)」といったプレステージブランドを強化するとともに、中間所得層の化粧品購買チャネルとして比率を高めているドラッグストアなどで、アジアで人気の高いクレンジングや日焼け止めなどを展開していく。

 

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

コスメビジネス
新規登録