×
195
求人
SHISEIDO
Accounting And Admin Manager, Accouting/s&op Group, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
ADAM ET ROPE
【本社】店舗設計・インテリア
正社員 · 東京都
AURALEE
Ec担当スタッフ
正社員 · 東京都
FARFETCH
E-Commerce Strategy Consultant - Farfetch Platform Solutions
正社員 · TOKYO
ISSEY MIYAKE
企画テキスタイル(Issey Miyake)
正社員 · 東京都
ISSEY MIYAKE
販売促進
正社員 · 東京都
ISSEY MIYAKE
国内営業
正社員 · 東京都
ISSEY MIYAKE
人事採用担当
正社員 · 東京都
ISSEY MIYAKE
海外営業
正社員 · 東京都
DIESEL
アパレル販売スタッフ【正社員】
正社員 · 木更津市
SHISEIDO
Imc Manager/ Staff, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
NEW ERA
デジタルマーケティング スペシャリスト/プロフェッショナル(正社員)
正社員 · 東京都
Y'S
アトリエスタッフ【中途採用】
正社員 · 東京都
Y'S
Wildside Yohji Yamamoto Ecサイト運営
正社員 · 東京都
Y'S
国内営業スタッフ【中途採用】
正社員 · 東京都
SHISEIDO
Manager, Digital Architecture, Digital Transformation Office
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
E-Commerce Director
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Global Procurement Excellence Group
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Global Business Solution Lead For Marketing (Gbsl - Ctm)
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Global Business Solution Expert For Otc
正社員 · Tokyo
AESOP
CRM Coordinator
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
CRM Manager, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
By
fashionsnap
掲載日
2022/02/09
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

資生堂がプロ向けヘアケアの資生堂プロフェッショナルを独ヘンケルに譲渡

By
fashionsnap
掲載日
2022/02/09

 資生堂が、「SHISEIDO PROFESSIONAL」などヘアサロン向けのヘアケア剤、ヘアカラー剤、パーマ/ストレートパーマ剤およびスタイリング剤商品等を日本とアジアで展開するプロフェッショナル事業(資生堂プロフェッショナル株式会社、以下SPI社)について、ヘアケア、ランドリー&ホームケア商材を展開するドイツのHenkel AG & Co. KGaA(以下、ヘンケル社)に譲渡することを決定した。譲渡対象の全体を包括する事業ブランド「SHISEIDO PROFESSIONAL」について、ヘンケル社に商標権の使用ライセンスを認め、傘下の製品ブランドについてはブランド自体の譲渡とする。事業譲渡に伴う株式譲渡などを含めた譲渡価格は123億円。譲渡契約は2月9日に締結し、株式譲渡の実行は7月1日の予定。



 資生堂のヘアケアプロフェッショナル事業は、1974年に業務用品営業部からスタート。さまざまな買収・統合を経て、2004年にSPI社を発足し、ヘアサロン向け業務用を中心としたヘアケア剤、ヘアカラー剤、パーマ/ストレートパーマ剤およびスタイリング剤などを取り扱う。主なブランドは、ヘアケア剤「サブリミック(SUBLIMIC)」やカラー剤「プリミエンス(PRIMIENCE)」、パーマ剤「クリスタライジング(CRYSTALLIZING)」、スタイリング剤「ステージワークス(STAGE WORKS)」、メンズ商材「ザ・グルーミング(THE GROOMING)」など。SPI社の2021年12月期の業績は、売上高が前年比24.4%増の158億6600万円で資生堂グループ全体の1.5%を占める。営業利益は前年比7億9100万円増の7億5700万円だった。
 ヘンケル社は1876年に創業。接着技術事業やランドリー&ホームケア事業およびヘアサロン・コンシューマー向けヘア領域に強みを持つビューティーケア事業をグローバルに展開し、近年は特にヘアサロン向けヘア領域の事業を欧州と米国において強化している。

 対象事業のうち、SPI社などへの卸売を含む国内事業、海外子会社などへの卸売などの輸出事業を含むグローバルブランドホルダー機能について、資生堂から吸収分割し、SPI社に承継させる。その後、SPI社の株式の80%をヘンケル社グループのHenkel Nederland B.V.に譲渡する予定。なお、資生堂は事業成長を支援するため20%を引き続き所有する。海外における対象事業は、アジアで事業を展開する資生堂の子会社から、ヘンケル社のグループ会社に対し、各国・地域の法制度を踏まえ株式譲渡または資産譲渡によりそれぞれ承継させる計画だ。なお、対象事業に従事する資生堂の従業員は基本的にSPI社など譲渡先の会社に移籍し、新たなキャリアを目指すことになるという。

 資生堂は2023年までの中長期経営戦略「WIN 2023 and Beyond」に基づき、スキンビューティ領域をコア事業とする抜本的な経営改革を推進中。今回の譲渡も構造改革に基づくもの。欧米でのヘア領域の事業で豊富な実績を有するヘンケル社グループと、日本・アジアを中心として確立されたブランドを持つ資生堂のプロフェッショナル事業が統合することで、グローバルな展開力のさらなる向上が期待できるという。

Copyright © 2022 Fashionsnap. All rights reserved.