×
By
fashionsnap
掲載日
2020/06/18
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

資生堂の新たな美容拠点「ビューティ・スクエア」の内部公開、デジタルコンテンツで若者に訴求する体験型店舗に

By
fashionsnap
掲載日
2020/06/18

 資生堂が6月18日、複合施設「ウィズ ハラジュク(With Harajuku)」に新たな美容施設「ビューティ・スクエア(Beauty Square)」と、ヘアメイクアップアーティストを育成するスクール「サブファ(Sabfa)」をオープンした。若年層をメインターゲットに、ビューティの最新情報と体験を発信する美容拠点として展開するという。

Image: Fashionsnap.com


 ビューティ・スクエアのコンセプトには「ビューティを発見し・遊び・シェアする体験・発信型スポット」を設定。商業面積は約793平方メートルで、店内では資生堂が培ってきた化粧品、食などの「美」に関わる総合的な知見を活かして、化粧品の販売のほかにサロンやデジタルコンテンツを用意している。店舗のアンバサダーには、若者から人気を集めるきゃりーぱみゅぱみゅを起用した。
 
 取り扱うのは「Shiseido」や「イプサ(Ipsa)」「クレ・ド・ポー ボーテ(Clé De Peau Beauté)」「ザ・ギンザ(The Ginza)」「ドルチェ&ガッバーナ ビューティー(Dolce&Gabbana Beauty)」「ナーズ(Nars)」「ベアミネラル(Bareminerals)」「ローラ メルシエ(Laura Mercier)」といった百貨店に並ぶグループ傘下の代表的なブランドのアイテム。これらのブランドは従来30代以上がメインの顧客層だが、若年層の来街者が多い原宿に出店することで新規顧客を開拓する狙いがあるという。同店の本多悟郎ディレクターは「近隣には豊富なmdの『@Cosme Tokyo』、プチプライスブランドやバラエティコスメを扱うマツモトキヨシ、スギドラッグといった大型店があるため、差別化を図る意味で資生堂らしい百貨店系列のブランドを集積した」と説明した。

 

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.