資生堂、本田圭佑&ウィル・スミス設立のベンチャーファンドに出資

 資生堂が9月26日、資生堂ベンチャーパートナーズを通じてベンチャーファンド「ドリーマーズ・ファンド(Dreamers Fund)」に出資すると発表した。出資額は非公表としている。


本田圭佑選手の個人ファンドKSK Angel Fund - Image: KSK Angel Fund

 ドリーマーズ・ファンドはサッカー本田圭佑選手が経営する会社と米国の俳優ウィル・スミスが保有する投資会社が2018年に共同で立ち上げたベンチャーファンド。米国で有力スタートアップへの豊富な投資実績を持つメンバーを揃え、米国のベンチャー企業に出資することを目的に運営している。米国西海岸等に独自の情報ネットワークを持ち、初期段階のスタートアップ企業をスピーディーに発掘し投資できるという。
 
 資生堂では「世界で勝てる日本発のグローバルビューティーカンパニー」の実現を掲げた中長期戦略「VISION 2020」の第2フェーズである新3ヶ年計画(2018年~2020年)に取り組んでおり、「イノベーションによる新たな価値創造」を重点戦略として位置付けている。今回の出資では米国のコンシューマー市場や最先端技術、ビジネスモデルトレンド等の情報を収集するとともに、有望なスタートアップ企業を発掘し積極的に協働することで、新しい価値の創造を目指していくという。

 

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

美容 - その他ピープルビジネスイノベーション
新規登録