資生堂/福岡県にスキンケア商品の新工場、最大500億円投資

 資生堂は2月4日、福岡県久留米市に新たな生産拠点「九州福岡工場(仮称)」を建設すると発表した。

九州福岡工場(仮称)

 同工場は、主に国内外向けのスキンケア製品の製造工場として、2020年度中に着工し、2021年度中の稼働を予定している。投資額は約400~500億円を見込んでいる。
 
 土地面積は約9.7万m2、生産能力は1.4億個となる予定。
 
 国際規格ISO22716に準拠し、高品質で安心・安全な商品を製造する。
 
 次世代型工場として、IoTなどの最先端の技術や最新の設備を活用する。
 
 同社は、現在全社的なマーケティング戦略と連動しながら、グローバルな視点でサプライチェーン戦略の構築を進めている。
 
 原価だけでなく、リードタイムや在庫、原材料調達など様々な要素を加味し、グローバルで展開している各工場にて、柔軟に対応できる体制づくりを進めている。
 
 今回、国内外の化粧品需要拡大に対応し、今後の成長性を確保するため、中長期的に安定した供給体制の確立が不可欠と判断し、現在建設中の那須工場、大阪新工場(仮称)に続き、新たな工場の建設を決定した。
 
 なお、現在建設中の工場、九州福岡工場建設、既存工場の増強を合わせ、約1700億円超の投資となる見込み。
 

■九州福岡工場(仮称)
建設予定地:福岡県久留米市(「久留米・うきは工業団地」内)
土地面積:約9.7万m2
建築面積:未定
階数:未定
生産品目:国内外向けスキンケア製品
生産能力:1.4億個
投資規模:約400~500億円
着工時期:2020年中
稼働時期:2021年中



Copyright © 2019 All rights reserved.

不許複製・禁無断転載
© 2019 FashionNetwork.com

コスメ産業ビジネス
新規登録