×

週末の外出自粛要請で都内の百貨店や大型商業施設が軒並み臨時休業へ、一部店舗は短縮営業を継続

By
fashionsnap
掲載日
2020/03/26
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 新型コロナウイルス感染拡大を受けて、東京都が今週末328日と29日の2日間の外出を自粛するよう要請したことに伴い、都内の百貨店や商業施設を中心に臨時休業の対応に迫られている。

「Shibuya109渋谷」外観(2020年1月撮影)- Image: Fashionsnap.com


 主要百貨店では、高島屋が日本橋高島屋 S.C.、タカシマヤタイムズスクエア、横浜店の3店舗を臨時休業することを決定。玉川高島屋SC、立川高島屋 S.C.、港南台店については、近隣住民の利便性確保の観点から営業を継続するという。
 
 三越伊勢丹ホールディングス、松屋、J.フロント リテイリングはFashionsnap.comの取材に対し、週末の営業可否について現在協議中であると回答した。
 
 このほか、Shibuya109渋谷およびmagnet by Shibuya109、ルミネ全館(一部の食品フロア除く)、ラフォーレ原宿などの大型商業施設が週末2日間の臨時休業を決定。パルコは池袋店および渋谷店の休業を発表しており、その他の関東店舗については現状の短縮営業を継続する方針だという。
 
 アパレル各社においても、週末の営業可否に関する対応に追われている。「ラブレス青山」を含めた三陽商会運営の各ブランド直営店をはじめ、ユナイテッドアローズやビームスなどが都内の直営店を臨時休業する。
 
 

Copyright © 2020 Fashionsnap. All rights reserved.