×
掲載日
2019/07/16
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

阪急阪神百貨店/「ウィーチャットペイスマート旗艦百貨店」に認定

掲載日
2019/07/16

 エイチ・ツー・オーリテイリングは7月16日、傘下の阪急阪神百貨店が、中国国外初となる「ウィーチャットペイスマート旗艦百貨店」に認定されたと発表した。

阪急本店


 「Wechat(微信・ウィーチャット)」を活用して、どこよりも便利なサービスを提供する百貨店として認定されたもの。ウィーチャットの世界での月間アクティブユーザーは約11億人だという。
 
 阪急阪神百貨店は、中国でSNSNo.1シェアのアプリ「ウィーチャット」を展開するテンセント・ホールディングスと共同で、さまざまなサービスの開発や導入を行ってきた。今回、2018年9月までに、「ウィーチャットペイ」を9店に導入し、「ウィーチャットミニプログラム」を開発するなど、日本の百貨店としてはいちはやく「ウィーチャットペイ」の普及に取り組んできたことや各種キャンペーン効果、「ウィーチャット」公式アカウントのフォロワー拡大などが評価された。

 2017年から、中国で人気のある支払いプラットフォームの一つで、現在の月間アクティブユーザーが8億人を超えるスマートフォン決済「Wechatpay(ウィーチャットペイ)」を導入している。2018年に、店員を介さずに注文を済ますことができる「レストランQRコードオーダー」、2019年には、AI(人工知能)を活用した「店内案内」、海外VIP顧客クラブの会員カードの「電子会員化」などを実施し、中国からのお客へのサービス向上に取り組んでいた。
 
 同日から阪急うめだ本店化粧品売場で、ウィーチャットを使い事前予約をすると店頭で商品をすぐに受け取ることができる「化粧品予約受取サービス」を新たにスタートした。阪急うめだ本店2階化粧品エクスプレスカウンターで、複数のブランド購入時も1カ所で商品を受け取れるため、スムーズに買い物ができる。現在、約15ブランドが対象で、順次、対象ブランドを拡大する予定だ。
 
 7月16日~9月15日、阪急本店(阪急メンズ大阪含む)、阪神梅田本店、博多阪急、阪急メンズ東京、西宮阪急、千里阪急、川西阪急、宝塚阪急で、「ウィーチャットペイスマート旗艦百貨店」記念キャンペーンを開催する。事前にQRコードもしくはウィーチャット公式アカウントからクーポンを獲得し、クーポン獲得後5日以内に、1レシート1000元以上購入するとと40元が自動割引になる。
 
 テンセントは、1998年に中国深センで創業、2004年に香港証券取引所へ上場した。PC用メッセージングアプリ「QQ」、スマホアプリの「ウィーチャット」などSNSを中心に、ゲーム、オンライン広告、映像・音楽配信などインターネット総合サービスを提供している。



Copyright © 2019 All rights reserved.

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com