香川真司が「タグ・ホイヤー」新アンバサダーに就任

 「タグ・ホイヤー(Tag Heuer)」が、ブンデスリーガのドルトムント所属でサッカー日本代表の香川真司選手をブランド公式アンバサダーに起用した。

香川真司が「タグ・ホイヤー」新アンバサダーに就任

 「タグ・ホイヤー」は、サッカーへの情熱、常に己と戦い向上を目指す真摯な姿と挑戦を続け、道を切り開くスタイルがブランドの価値と共通することから香川選手の起用を決定。都内で行われた就任記者発表会にはグローバルセールス ヴァイス プレジデントのリュック・ドゥクロワ(Luc Decroix)が登壇し、世界各国のリーグやチームにおいて公式タイムキーパーを務めるブランドとサッカーの深い関係に触れつつ「タグ・ホイヤーは『Don't Crack Under the Pressure(プレッシャーに負けるな)』をスローガンに掲げており、国の代表や世界のトップリーグでプレーするサッカー選手は常に大きなプレッシャーと戦っている。シンジは日本だけでなく世界で活躍する選手であり、タグ・ホイヤーの家族に迎えられて嬉しく思う」とコメントした。新作の「カレラ キャリバー ホイヤー01 クロノグラフ」を贈呈された香川選手は、「デザインがかっこ良くて色んな洋服に合う。練習や試合に行く時、プライベートでの食事など全てのオケーションで着けたいと思う」と感想を語った。契約は複数年に渡り、具体的な活動は未定だが今後グローバルアンバサダーとして広告を含めた露出をしていく予定という。
 
 「タグ・ホイヤー」では、クリスティアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo)や錦織圭のスポーツ選手のほか、俳優のクリス・ヘムズワース(Chris Hemsworth)やモデルのカーラ・デルヴィーニュ(Cara Delevingne)、DJのデヴィット・ゲッタ(David Guetta)らがアンバサダーを務めている。

 

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

ウォッチピープル
新規登録