×
By
fashionsnap
掲載日
2020/02/27
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

高級フレグランスメゾン「クリード」が米ファンドに売却、ディアジオ会長が投資

By
fashionsnap
掲載日
2020/02/27

 高級フレグランスメゾン「クリード(Creed)」が、米資産運用会社BlackRockのプライベートエクイティファンド Long Term Private Capital(以下、LTPC)に売却する契約を締結した。BlackRock LTPCのアドバイザーであり、「スミノフ」や「ギネス」などを販売している英酒造会社ディアジオ(Diageo)会長のJavier Ferránが投資し、クリードの新社長に就任する。

「クリード」公式サイトより


 クリードは、1760年にイギリスでヘンリー・クリード(Henry Creed)によって設立され、1824年にフランスに拠点を移した。ヨーロッパ各地の王室から王室御用達を授与されている。創業家6代目のオリヴィエ・クリード(Olivier Creed)氏は売却後もメゾンの調香師として携わるという。
 
 Javier Ferránはバカルディで社長兼CEOを経験し、現在は国際統合航空グループ(IAC)やコカ・コーラ・ヨーロッパ・パートナーズの非常勤取締役も務めている。今回の売却は、BlackRockLTPCにとって初のヨーロッパへの初の投資となる。

 

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.