×

麻布十番に新たなランドマークビル「Maxplan Azabu10」建設、隈研吾が設計

By
fashionsnap
掲載日
2020/05/22
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 建築家の隈研吾が設計監理を担当した「Maxplaza Azabu10」が、10月22日に麻生十番の一の橋交差点前にオープンする。現在はテナント募集中。

Image: マックスプラン


 「Maxplan Azabu10」は、株式会社マックスプランの麻生十番に新たなランドマークを作る開発事業「麻布十番開発プロジェクト─街の象徴となる開発─」の一環として建設。「ジュエリーのように光り輝くビル」をコンセプトに、高さや厚み、テクスチャーの異なる様々なサイズのパネルを集積させることで、町の多様さとエネルギーを表現したという。
 マックスプラン代表取締役の中村鈴子は本建造物について「創造と共生の場として文化的な価値観が生まれる場所を目指していきたいと思っています」とコメントしている。

麻生十番開発プロジェクト
■Maxplaza Azabu10ビル
住所:東京都港区麻布十番4−1−1(東京メトロ南北線/都営大江戸線 麻布十番駅 徒歩1分)
店舗面積:743.67㎡
主要用途:店舗
階数:地上9階
設計:隈研吾建築都市設計事務所
建築:青木工務店
開業予定:2020年10月

Copyright © 2020 Fashionsnap. All rights reserved.