クリスチャンルブタンの香水を男性の会話劇で表現したフィルム限定公開

 「クリスチャン ルブタン(Christian Louboutin)」が、9月14日に発売されたウィメンズ向けフレグランスの香りを表現したオリジナルフィルム3部作を限定公開した。


  公開されたオリジナルフィルム3作は、ジョージ・キューカー(George Cukor)による1939年公開の映画「ザ・ウィメン」から着想を得て制作された。男性達の会話劇を通して、3つのフレグランス「ビキニケスタセラ(Bikini Questa Sera)」「トルネードブロンド(Tornade Blonde)」「トラブルインヘヴン(Trouble In Heaven)」の香りをそれぞれ表現した。

  ビーチを彷彿とさせる香りに仕上げられた「ビキニケスタセラ」に焦点を当てたフィルムでは、ガールフレンドと過ごす海でのバカンスの準備をする男性のス トーリーが描かれた。イリデセンス(光の変化や見る角度で虹のように色が変わる現象)がコンセプトの「トルネードブロンド」は、通勤中にすれ違う女性の魅 力に取り憑かれる男性を映し、ミステリアスでセクシーな香りが特徴の「トラブルインヘヴン」は、男友達との電話越しの会話で"禁断の果実"のような女性を 語る男性が描かれた。ウィメンズ向けフレグランスのオリジナルフィルムにしては珍しく、女性は一切出演せず、男性同士の会話のみで香りを表現したユニーク な内容となっている。

 

 

 

 

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

ラグジュアリー - シューズフレグランス広告・キャンペーン
新規登録