×
37
求人
L'OREAL GROUP
Japan CRM Manager (IT)
正社員 · Tokyo
NIKE
Manager, Nddc (Nike Direct Digital to Consumer) Experience Operations - Japan
正社員 · Tokyo
NIKE
Digital Marketing Manager, Communication Platforms
正社員 · Tokyo
NIKE
Manager, Marketing Project Management - Japan
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan (Senior) Product Manager (Shu Uemura International)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Product Manager (Luxe, Giorgio Armani Beauty)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Sales Representative (Active Cosmetics Division, la Roche-Posay)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Product Manager (Active Cosmetics Division, la Roche-Posay)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Data Strategy Director/Manager (Cdo)
正社員 · Tokyo
PUMA
Content Management Manager, E-Commerce
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Nike Direct Digital Commerce (Nddc) Site Merch Specialist
正社員 · Tokyo
NIKE
Snkrs Producer
正社員 · Tokyo
BEAUTYSTREAMS
Seeking Social Media & Product Bank Interns Japan Related Content
インターン · TOKYO
BEAUTYSTREAMS
Seeking Social Media & Product Bank Interns Japan Related Content
インターン · TOKYO
L'OREAL GROUP
Japan Retail Design Group Manager (Luxe)
正社員 · Tokyo
PUMA
Controller/Specialist (fp&a)
正社員 · Tokyo
LULULEMON
Educator Factory Outlet | Gotemba Premium Outlet
正社員 · Shizuoka
LULULEMON
Educator | Add Store Name Here
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan E-Commerce Customer Care Agent
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Finance Accountant
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Consumer Market Intelligence Researcher
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Digital & Social Specialist (Cdo)
正社員 · Tokyo
By
fashionsnap
掲載日
2016/12/05
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

大丸松坂屋がギンザシックスに自主編集売場を出店 ターゲットは50代女性

By
fashionsnap
掲載日
2016/12/05

 大丸松坂屋百貨店が、松坂屋銀座跡地に開業する銀座最大級の複合施設「ギンザ シックス(Ginza Six)」に、雑貨を中心に取り扱う自主編集売場「シジェーム ギンザ(Sixiéme Ginza)」を出店する。オープン日はギンザ シックスの開業日と同じ2017年4月20日。

展示会の様子 Fashionsnap


 「シジェーム ギンザ」はギンザ シックスの2階中央に構え、売場面積は同施設に入居する路面店以外の店舗では最大級の広さとなる約500平方メートル。5階からの吹き抜け空間が特徴的な環境デザインは、同施設の内装をデザインしたグエナエル・ニコラが手掛け、松坂屋のシンボルである「いとう丸」がインスピレーション源となっている。コンサルティング・ディレクションは、大丸松坂屋百貨店やワールドでキャリアを積んだ笠原安代と、元トゥモローランドのクリエーティブディレクターで青山の「エルムタージュ」などを運営する佐々木康裕のチームが担当。銀座6丁目という立地や、五感の次の感覚を刺激するという意味を込めて、店舗の名称はフランス語で「第6」を指す「シジェーム」と名付けられた。イメージターゲットは、本質を極めた50代女性。ショップコンセプトに「Tokyo Essential Style」を掲げ、「本物」や「上質」「一流」といったキーワードに基づきセレクトした国内外100以上のブランドのシューズやバッグ、ジュエリーを中心とした服飾雑貨と、キャンドルなどのインテリア雑貨をそろえる。

 売場は、会食やパーティーなどの場に合うアイテムを集めた「Dress Up」、日常のシーンに適した「Daily Down」、トラベルやリゾートスタイルを提案する「Travel Active」、くつろぎの時間を楽しむ「Cozy Relax」、ギフトアイテムを販売する「Gift」、そしてイベントスペース「Promotion」の6つのエリアで構成。ブランドで分けるのではなく「社会との関係を考え、スタイルやシーン別の"緊張度合い"で分ける」(笠原)というテーマに沿ったミックス提案がベースで、ブランドは老舗から新進まで幅広くそろえる。ギフトアイテムについてシジェームでは、「贈る楽しさ」を感じられるラインナップや「自分へのギフト」を意識。雑貨を切り口に気持ちを高揚させるようなファッションを提案し、パーソナルスタイリングなどの接客対応も検討していく。若手アーティストをフィーチャーした作品展示やオリジナル商品の開発なども企画され、「ネクストラグジュアリー」を発信し未来につなぐ場にしていくという。
 

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.