八王子市最大級のショッピングセンター「イーアス高尾」6月にオープン

  大和ハウスが、東京都八王子市に建設している大型複合商業施設「イーアス(Iias)高尾」の概要を発表した。八王子市最大級のショッピングセンターとなり、6月22日に開業する予定。

「Iias 高尾」 完成予想図 - 大和ハウス

 「イーアス高尾」の敷地面積は約6万4,000平方メートル。地上3階建てで、1〜2階には面積約4万9,000平方メートルのショッピングセンターが設けられる。施設内には「ちょうどいいが、心地いい」「ちょうどいい距離感や空間づくり」という開発コンセプトに基づき、核テナント5店舗とモール専門店115店舗の計120店舗がそろう。イーアス(Iias)は「Intelligence(知性)」「Identity(独自的)」「Amenity(快適性)」「Symbiosis(共存)」の頭文字を合わせ、「知的に、美しく、あなたらしい毎日を。」をイメージして命名された。

 核テナントとして、食品スーパーマーケット「三和」、スポーツ用品の「スーパースポーツゼビオ(Super Sportsxebio)」、パソコン・AV・各種家電の「ノジマ」、家具&ホームファッションの「ニトリ」、玩具・ベビー用品の「トイザらス・ベビーザらス」の5店舗が出店。「三和」を中心に作られる食物販ゾーンには、地産地消に徹底した惣菜店「エン テーブル(EN Table)」や農家直販の農産物直売所「わくわく広場」、コーヒー・輸入食品店「カルディコーヒーファーム」のほか、ワイン・加工食品店の「サンクゼール」など計14店舗が並ぶ。ファッションや雑貨、家具では都内初出店となる「イーストリバークルー(East River News)」や「マノ・ラプレ(Mano Lapure)」をはじめとする58店舗がそろう予定だ。
 

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアスポーツファッション - その他インテリアテーブルウェアグルメライフスタイル - その他リテール
新規登録