×
130
求人
NIKE
j30 Operations Technology Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Brand Marketing For Effectim
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Commercial Finance Director
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Associated Brand Manager, Brand Development Asia g, Elixir Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
NIKE
j30 Project Management Office Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Product Innovation Group, The Ginza Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager of Microbial Quality
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Finance Manager
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Makeup Group, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Assistant Brand Manager, Brand Development China/tr/New Market g, Anessa Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Staff, Financial Planning & Analysis, Baum Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Digital Project Manager (Shu Uemura International)
正社員 · Tokyo
NIKE
Director, Consumer, Marketplace And Marketing Technology - Japan
正社員 · Tokyo
NIKE
Technology Manager, Digital Transformation Program Office (Dtpo)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Demand Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Category Buyer
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Retail Supply Chain Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
R&D Manager, Global Professional Business Div. Shiseido Professional Brand Unit
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Business Intelligence & Strategy Analyst / Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Marketing Manager/ Specialist, Global Professional Premium Hair Care Brand
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Ethics & Compliance Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Demand Planning Global Business Process Expert (dp Gbpe)
正社員 · TOKYO
By
fashionsnap
掲載日
2019/10/10
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

ファストリ海外ユニクロ事業が初の売上1兆円突破、過去最高業績を3年連続更新

By
fashionsnap
掲載日
2019/10/10

 「ユニクロ(Uniqlo)」などを展開するファーストリテイリングが10月10日の今日、2019年8月期の連結業績(2018年9月1日〜2019年8月31日)を発表した。売上収益は2兆2,905億4,800円(前期比7.5%増)、営業利益は2,576億3,600円(同9.1%増)、当期利益は1,780億4,600万円(同5.1%増)で、2017年から3年連続で過去最高の業績を更新した。

ユニクロ上海店 (グローバル旗艦店) - Image: Fast Retailing


 海外ユニクロ事業の売上収益は1兆260億3,200万円(同14.5%増)、営業利益は1,389億400万円(同16.8%)と増収増益を達成。同事業の売上が1兆円を超えるのは初めて。地域別では特にグレーターチャイナでの売上収益が5,025億6,500万円(同14.3%増)、営業利益が890億円(同20.8%増)と好調を維持している。このほか、南アジア・オセアニア地区の売上収益と営業利益がともに同約20%増だったが、韓国では日本製品の不買運動の影響などにより減収減益となった。同社は海外出店に注力しており、2018年9月にオランダ、2019年4月にデンマーク、9月にはイタリアにそれぞれ初進出。今月はインド初の店舗がデリーにオープンし、各店舗ともに好調なスタートを切っているという。Eコマースの売上高は同約30%増加した。
 
 国内ユニクロ事業は、売上収益が8,729億5,700万円(同0.9%増)、営業利益は1,024億円(同13.9%減)で増収減益。上期は暖冬による冬物商品の販売に苦戦したが、下期に「UT」を含むTシャツカテゴリー、「UVカットパーカ」「感動パンツ」といった夏物商品が好調だったことで売上を維持した。また、Eコマースの売上高は832億円(同32.0%増)と急成長。売上構成比では前年同期の7.3%から9.5%に上昇した。

 ジーユー事業では、売上収益が2,387億4,100万円(同12.7%増)、営業利益が281億円(同139.2%増)と過去最高の業績を達成。マストレンドにフォーカスした商品構成を意識し、マーケティングを強化したことが功を奏した。特にオーバーサイズのスウェットやニット、Tシャツが数百万点を売り上げるヒットを記録。早期発注や素材の集約により原価率が改善し、値引率も低下したため、売上総利益が大幅に改善したという。

 

Copyright © 2022 Fashionsnap. All rights reserved.