×
135
求人
SHISEIDO
Manager, Product Innovation Group, The Ginza Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager of Microbial Quality
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
fp&a Group Manager For Brand
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Finance Manager
正社員 · Minato City
NIKE
Operations & Logistics Technical Business Systems Analyst, Global Technology - Japan
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Category Extension Group, Marketing Dept., Sgbu
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Makeup Group, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Assistant Brand Manager, Brand Development China/tr/New Market g, Anessa Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Staff, Financial Planning & Analysis, Baum Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Digital Project Manager (Shu Uemura International)
正社員 · Tokyo
NIKE
Director, Consumer, Marketplace And Marketing Technology - Japan
正社員 · Tokyo
NIKE
Technology Manager, Digital Transformation Program Office (Dtpo)
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - 365 Creative Director
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Demand Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Category Buyer
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Retail Supply Chain Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
R&D Manager, Global Professional Business Div. Shiseido Professional Brand Unit
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Business Intelligence & Strategy Analyst / Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Marketing Manager/ Specialist, Global Professional Premium Hair Care Brand
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Ethics & Compliance Manager
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Neighborhood (Nbhd)/Authenticators Marketing Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Demand Planning Global Business Process Expert (dp Gbpe)
正社員 · TOKYO
By
fashionsnap
掲載日
2012/12/27
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

ファッションの可能性を読み解く「相対性コム デ ギャルソン論」発売

By
fashionsnap
掲載日
2012/12/27

 フィルム&アートの専門出版社フィルムアート社が、「相対性コム デ ギャルソン論 - なぜ私たちはコム デ ギャルソンを語るのか - 」を刊行した。「ファッションは語りはじめた - 現代日本のファッション批評 -」の第2弾として制作。元「ハイファッション・オンライン」のチーフエディターで現在はフリーとして活動する西谷真理子氏をはじめ、デザイナーや建築家、文化社会学者、アートプロデューサーらが「Comme des Garçons」に迫ることで、ファッションがもつ無限の可能性を読み解く。


 「相対性コム デ ギャルソン論 - なぜ私たちはコム デ ギャルソンを語るのか - 」では、建築、哲学、アート、デザイン、都市論、メディア論、社会学など、「ファッション」という分野にはとどまらず、さまざまなアプローチで「Comme des Garçons」を論じている。東京都現代美術館チーフキュレーター長谷川祐子、クラブキング代表桑原茂一、建築家藤原徹平、「Anrealage(アンリアレイジ)」デザイナー森永邦彦らが執筆。本書は、「Comme des Garçons」とは何か?を考える「輪郭的問題提起的」、「Comme des Garçons」の先を読む「思考実験的」など5つのチャプターで構成。本誌に掲載されたストリート写真は、「Fruits」「Tune」「Street」から掲載されている。

 本書では1981年にパリ進出以来、世界のファッションをはじめ、クリエイション全般に大きなインパクトを与え続けているとして「Comme des Garçons」を読み解く理由を解説。出版元のフィルムアート社は「もともと『ファッションは語りはじめた - 現代日本のファッション批評 -』が好評で第二弾をということで企画された。複数の人間が様々な角度から特定のブランドを批評した本は珍しく、ファッション関係者はもとより、アートや建築関係者からの反応がいいと書店から聞いている」と話している。

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.