今夏はカツカツヒール族ではなく「ドレサン・スタイル」?西武・そごうが提案

 西武・そごうが、ワンピースにビーチサンダルを合わせる「ドレサン・スタイル」を池袋本店をはじめとする各店舗で提案している。「ドレサン・スタイル」は、街中でもあえてビーチサンダルを履くドレススタイルのことで、現在各店舗ではドレスと「ハワイアナス(havaianas)」や「メリッサ(melissa)」などのサンダルを販売。プロモーションとして、同社初のオンライン動画「ヒールの音が消える夏。」を5月25日までの期間限定で公開される。


 


 西武・そごうでは、昨今ファッショニスタも注目するブラジリアンスタイルにならい、新鮮味ある日本の夏ファッションを提案。リラックス、エフォートレスがトレンドの流れとなっていることを踏まえ、心地良さとおしゃれを両立するファッションとして、街中でもあえてビーチサンダルを履くドレススタイルを発信する。

 オンライン動画「ヒールの音が消える夏。」では、ワンピースなどのドレススタイルにビーチサンダルを合わせた女性たちと中年男性が登場。街歩きや通勤といったシーンが映し出されており、ヒールを着用したスタイルではなく快適に過ごせる新たなドレスダウンスタイルが今夏のブームとなるのか注目が集まる。

 西武池袋本店、そごう横浜店では、「コルチ(colcci)」や「オスクレン(OSKLEN)」などのドレスとメリッサなどのサンダルを扱う売り場を開設。池袋本店では、ドレス24型200点、サンダル37型1,500点が揃う。 

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - シューズリテール
新規登録