×
121
求人
SHISEIDO
E-Commerce Director
正社員 · Tokyo
TOMORROWLAND
システムエンジニア
正社員 · 東京都
SAZABY LEAGUE, LTD. LITTLE LEAGUE COMPANY
卸営業
正社員 · 東京都
SAZABY LEAGUE, LTD. LITTLE LEAGUE COMPANY
経理
正社員 · 東京都
CANADA GOOSE
Financial Planning & Analysis Manager
正社員 · 東京都
SHISEIDO
Manager, Global Procurement Excellence Group
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Global Business Solution Lead For Marketing (Gbsl - Ctm)
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Global Business Solution Expert For Otc
正社員 · Tokyo
AESOP
CRM Coordinator
正社員 · Tokyo
AESOP
Accounting Manager (アカウンティング マネージャー)
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Group Manager, Logistics Service Group, Global Logistics Dept
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Associate Brand Manager, Product Innovation Group, Elixir Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Business Intelligence & Strategy Analyst / Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Regional Area Manager, Strategy & Business Development, Cle de Peau Beaute Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Group Manager, Safety Group, Safety, Quality & Sustainability Dept
正社員 · Tokyo
AESOP
Senior Art Director - シニアアートディレクター
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Regional Trade Marketing - Area Manager (China), Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Regional Trade Marketing - Area Manager, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
PUMA
Assistant Sport Marketing Executive
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Accounting Manager, Finance Accounting Dept
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Regional Business Development Staff, Cle de Peau Beaute Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Sustainability Strategy Acceleration Dept
正社員 · Tokyo
By
fashionsnap
掲載日
2021/11/18
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

アシックスやスマートシューズの「オルフェ」など3社が医療分野で共同研究

By
fashionsnap
掲載日
2021/11/18

 アシックス、スマートシューズを開発するオルフェ(ORPHE)、再生医療関連事業のセルソースの3社が、スマートシューズを用いた医療分野での共同研究を開始することを発表した。まずは、「変形性膝関節症」の改善に向け、患者の歩容(歩行の特徴)を定量化することを目的とした研究を実施する。



 変形性膝関節症は、潜在的患者数が多く、膝の痛みや歩行困難などで日常生活に支障をきたす恐れのある病気。共同研究では、変形性膝関節症の患者にセンサーが内蔵されたシューズを履いてもらい、歩容データをもとに記録、分析を行う。シューズは、アシックスとオルフェが共同開発したランニングスマートシューズ「エボライドオルフェ(EVORIDE ORPHE)」をベースに新たに開発するもので、得られた数値によって痛みや機能回復の程度を評価する一助となることが期待されるという。なお、再生医療などによる治療と、歩容データを活用したリハビリを組み合わせた療法の可能性も検討している。

 今後は、医療機関と連携し、患者の歩容データから運動機能に障害が現れる兆候を予測するなど、予防医療の分野につなげることも視野に入れているという。
 

Copyright © 2022 Fashionsnap. All rights reserved.