×
33
求人
L'OREAL GROUP
Japan CRM Manager (IT)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan (Senior) Product Manager (Shu Uemura International)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Product Manager (Luxe, Giorgio Armani Beauty)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Sales Representative (Active Cosmetics Division, la Roche-Posay)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Product Manager (Active Cosmetics Division, la Roche-Posay)
正社員 · Tokyo
PUMA
Content Management Manager, E-Commerce
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Retail Marketing Project Manager (Shu Uemura International)
正社員 · Tokyo
LULULEMON
Educator | Ginza
正社員 · Tokyo
LULULEMON
Educator | Ginza
正社員 · Tokyo
ESTÉE LAUDER
Test
正社員 · Funabashi
ESTÉE LAUDER
応募不可Aveda 10月
正社員 · Musashino
BEAUTYSTREAMS
Seeking Social Media & Product Bank Interns Japan Related Content
インターン · TOKYO
BEAUTYSTREAMS
Seeking Social Media & Product Bank Interns Japan Related Content
インターン · TOKYO
L'OREAL GROUP
Japan Retail Design Group Manager (Luxe)
正社員 · Tokyo
PUMA
Controller/Specialist (fp&a)
正社員 · Tokyo
LULULEMON
Part Time Educator | Roppongi
正社員 · Tokyo
LULULEMON
Educator Factory Outlet | Gotemba Premium Outlet
正社員 · Shizuoka
LULULEMON
Educator | Add Store Name Here
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan E-Commerce Customer Care Agent
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Finance Accountant
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Oms(Order Management System) Expert
正社員 · Tokyo
PUMA
E-Commerce, Content Management
正社員 · Tokyo
掲載日
2017/06/07
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

ユークスネッタポルテグループ、自社ECで動物性毛皮製品の取扱いを廃止

掲載日
2017/06/07

  ユークスネッタポルテグループ(Yoox Net-A-Porter Group)が、運営する4つの自社ファッションECサイト上で、動物性毛皮製品の取扱いを廃止すると発表した。

「マーク・ジェイコブス」のフェイクファーコート - Net-A-Porter.com


 同グループが展開する高級ファッションECおよびアウトレットサイト「ネッタポルテ(Net-A-Porter)」、「ミスターポーター(Mr Porter)」、「ユークス(Yoox)」、「アウトネット(The Outnet)」では、既に「ステラ・マッカートニー(Stella McCartney)」や「アルマーニ(Armani)」などアニマルフレンドリーなブランドを取り扱ってきたが、新しいポリシーはそれをより発展させた形になる。
 
 2016年のサステナビリティリポートで述べていたように、同社は環境への影響に配慮した取り組みに力を入れており、動物の権利を保護するような商業的ポリシーを持ったオンラインストアの構築を目指してきた。

 「2009年に『ユークシジェン(Yooxygen)』コーナーを創設し、社会と環境に配慮したブランドを取り上げたのが最初の取り組みだった。そこから大きな前進を遂げたが、やはりまだ課題は多い。そこで、より良い未来のために今まで以上に尽力することを決めた。強い責任感を持ち、社会の良い影響を与えることが重要だと我々は考えている。様々なプログラムやパートナーシップ、イノベーションを通じて、産業全体に変革をもたらすような活動ができることを目指している」とグループでサステナビリティのトップを務めるマテオ・ジェームス・モローニ(Matteo James Moroni)は話している。
 
 また、HSUS、 HIS、LAVやその他の動物・環境保護団体とも引き続密に連携し、毛皮に関する施策やエシカルなソーシングの探究を続けていくという。
 

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com