×
113
求人
SHISEIDO
R&D Manager, Global Professional Business Div. Shiseido Professional Brand Unit
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Business Intelligence & Strategy Analyst / Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Marketing Manager/ Specialist, Global Professional Premium Hair Care Brand
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Ethics & Compliance Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Global Business Solution Lead
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Neighborhood (Nbhd)/Authenticators Marketing Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Demand Planning Global Business Process Expert (dp Gbpe)
正社員 · TOKYO
SHISEIDO
Manager or Brand Associate, Core Platform, Marketing Dept. Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
IT Project Manager
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Information Security Specialist
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Consumer & Market Insights
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Business Data Analyst (Scm)
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager / Staff, Marketing For Global Professional Life-Style Hair Care Brand
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Specialist / Manager, Business Development
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Staff / Manager, Cross Border Marketing Strategy
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Premium Solutions Group, Marketing Dept, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Strategy & Business Development, Global Professional Business Division
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Strategy Acceleration
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, PR Excellence Group, Communication Excellence Dept., Sgbu
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Supply Network Group
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Staff of Digital Engagement Group, Global Professional Business Division
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Group Manager, Digital Engagement Group, Global Professional Business Division
正社員 · Tokyo
掲載日
2016/08/26
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

現代ファッションの生みの親、ソニア・リキエル

掲載日
2016/08/26

 ソニア・リキエル(Sonia Rykiel)が作り出したファッションは、自由で、そして"皆"のものだ。8月25日、86歳で息を引き取った彼女は、ファッション業界に限らず、あらゆる分野の人々に影響を与えた。選ばれた人々のためではなく、自身の人柄そのものを表すようなクリエーションを発信し続けたデザイナーだった。

Sonia Rykiel AW1980 - Dominique Issermann


 1930年、ルーマニアとロシア出身の知識階級の家庭に育ち、縫製業を営むサム・リキエルと結婚した後、50年代に初めてファッションの世界に足を踏み入れたソニア・リキエル。そこで初めてセーターを発表して以来、彼女にとってニットは欠かせない存在となった。
 
 自身のブランドを立ち上げ、パリ左岸に初めての店を出したのは68年のことだ。パリの文化活動の中心でもあるサンジェルマン地区に、生涯魅せられた。自由で、既成概念を打ち破る斬新な感性を育み、「デモード(démode)("非"ファッション)」と称した、軽快で親しみやすいファッションを提案。体にフィットしたニット素材に、シンプルなカッティング、縫い目を表に出したり、裾の折り返しを省いたりと、ポップでシュールな美学を打ち出した。メッセージを編み込んだり、大胆なボーダーやスパンコール使いも新しいものだった。

1965年、ブランド立ち上げ以前のソニア・リキエルのクリエーション - Archives Sonia Rykiel

 
 男性的な規範がまだ根強い社会の中で、子供のような奔放さでファッションを革新したソニア・リキエル。クリエイティブでありながら常に既製服を意識したアプローチで、ストリートな感覚も忘れなかった。ニットで大きな成功を収めたブランドは、2012年にFirst Heritage Brandsに買収されるまで、どこのグループにも属さず独立を保ち続けた。

 最後のショーでは、モデルに笑顔を浮かべるよう指示を出したという。太陽のように明るく、同時に月のようにミステリアスな想像力も秘めたソニア・リキエルは、文学にも情熱を注いでいた。本人の著書はもちろん、娘のナタリーの書籍もまた、彼女の複雑で豊かな人柄を教えてくれる。
 

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com