×
188
求人
UKA
レセプショニスト
正社員 · 東京都
AESOP
アカウンティング マネージャー
正社員 · 東京都
AESOP
Accounting Manager (アカウンティング マネージャー)
正社員 · Tokyo
Y'S
営業アシスタント
正社員 · 東京都
Y'S
国内営業スタッフ
正社員 · 東京都
GUCCI
Gucci Store Planning Senior Project Manager
正社員 · 東京都
GUCCI
Gucci Back Office Specialist
正社員 · 東京都
GUCCI
Client Data & Insights Manager
正社員 · 東京都
SHISEIDO
Group Manager, Logistics Service Group, Global Logistics Dept
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Associate Brand Manager, Product Innovation Group, Elixir Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
BAROQUE JAPAN LIMITED
人事労務担当
正社員 · 東京都
BAROQUE JAPAN LIMITED
Ecサイト運営担当
正社員 · 東京都
UNITED ARROWS LTD.
【正社員】アプリエンジニア
正社員 · 東京都
UNITED ARROWS LTD.
【正社員】システムインフラ担当 ※インフラをメインとした新規システム企画
正社員 · 東京都
UNITED ARROWS LTD.
プロジェクトマネジャー
正社員 · 東京都
RESTIR
Ec事業部 メンズ 営業/企画
正社員 · 東京都
RESTIR
Ec事業部 ウィメンズ 営業/企画
正社員 · 東京都
RESTIR
ロジスティクス
正社員 · 東京都
SHISEIDO
R&D Manager, Global Professional Business Div. Shiseido Professional Brand Unit
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Business Intelligence & Strategy Analyst / Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Regional Area Manager, Strategy & Business Development, Cle de Peau Beaute Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
資生堂インタラクティブビューティー株式会社 HR Generalist / HR Manager
正社員 · Tokyo
By
AFP
掲載日
2016/04/27
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

パリ商品取引所が美術館に ケリング創業者フランソワ・ピノーの所有するアートコレクションを展示

By
AFP
掲載日
2016/04/27

 パリの商品取引所(Bourse de commerce)が譲渡され、ケリング(Kering)グループの前身であるPPR(Pinault-Printemps-Redoute : PPR)を創業したビジネスマン、フランソワ・ピノー(François Pinault)氏の美術品コレクションが展示されることになった。アンヌ・イダルゴ(Anne Hidalgo)パリ市長が発表した。

フランソワ・ピノー氏 ヴェネツィア、グラッシ宮で - AFP


 「フランソワ・ピノー氏の所有するコレクションを、商品取引所という特別な場に迎えられて喜ばしく思う」とアンヌ・イダルゴ市長。「素晴らしい日になった」と称える。
 
 パリの商品取引所の歴史は古く、ドーム状の建物は18世紀に麦の倉庫として建設され、19世紀に入ってからは商品取引所として機能していた。1998年にパリ商工会議所の管理下となり、主に中小企業関係の業務が行われている。

 それがこの度、ピノー家の関係企業に50年間譲渡されることとなった。仏ルモンド(Le Monde)紙によると、改装工事に掛かる費用1億ユーロ(約126億円)相当も、この会社が負担するという。

商品会議所 - AFP


 「パリの中心に素晴らしい名所ができる。都市としての魅力も向上するだろう」とアンヌ・イダルゴはAFPに話す。
 
 パリ商品取引所はルーブル美術館とポンピドゥーセンターの間に位置する。近所のレ・アル地区も最近大規模な改装工事を終えたばかりで、今回の決定が同エリアに更なる活気をもたらすことになるだろう。
 
 すぐ隣に位置するパリ中央郵便局もリノベーションの最中であるほか、やはり近隣の旧サマリテーヌデパートに関しても、LVMHのベルナール・アルノー(Bernard Arnault)の下で改装プロジェクトが持ち上がっている。
 
 フランソワ・ピノー氏本人は、「地域にある既存の商業を尊重しつつ、独自のやり方でパリを活気づけていければ」と強調している。

プンタ・デラ・ドガーナ - Fondation Pinault


 ケリング会長兼CEOであるフランソワ=アンリ・ピノー(Francois-Henri Pinault)の父であるフランソワ・ピノーは、世界でも有数のモダン・コンテンポラリーアート収集家として知られている。2005年には、パリ郊外セガン島のルノー工場跡地に美術館を建設することも計画していた。
 
 しかし、事務手続きの煩雑さからこの計画は中止、ヴェネツィアのグラッシ宮を買収した。その後も、2009年にはプンタ・デラ・ドガーナ(旧税関倉庫)、2013年にはテアトリーノと、同地に次々と美術館を開いている。
 
 「フランソワ・ピノー氏のコレクションが、国外に流れてしまっている気はしていた」とアンヌ・イダルゴ市長。「パリに戻って来てくれれば、というのを常々考えていた」。


Jean-Paul Leroy (with AFP)
 

無断複製・無断転載禁止
© 2022 Agence France-Presse
この記事(もしくはこのページ全体)にある情報は、フランス通信社の権利下にあります。 フランス通信社の許可なくこれらの情報を複製・編集・転載・翻訳・商業利用・その他再利用することは硬く禁じられています。フランス通信社は、遅延・誤り・ 遺漏、あるいはこのページの情報を元に行われた行為やその結果に対して、一切の責任を負いかねます。