×
135
求人
SHISEIDO
Manager, Product Innovation Group, The Ginza Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager of Microbial Quality
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
fp&a Group Manager For Brand
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Finance Manager
正社員 · Minato City
NIKE
Operations & Logistics Technical Business Systems Analyst, Global Technology - Japan
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Category Extension Group, Marketing Dept., Sgbu
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Makeup Group, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Assistant Brand Manager, Brand Development China/tr/New Market g, Anessa Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Staff, Financial Planning & Analysis, Baum Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Digital Project Manager (Shu Uemura International)
正社員 · Tokyo
NIKE
Director, Consumer, Marketplace And Marketing Technology - Japan
正社員 · Tokyo
NIKE
Technology Manager, Digital Transformation Program Office (Dtpo)
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - 365 Creative Director
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Demand Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Category Buyer
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Retail Supply Chain Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
R&D Manager, Global Professional Business Div. Shiseido Professional Brand Unit
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Business Intelligence & Strategy Analyst / Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Marketing Manager/ Specialist, Global Professional Premium Hair Care Brand
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Ethics & Compliance Manager
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Neighborhood (Nbhd)/Authenticators Marketing Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Demand Planning Global Business Process Expert (dp Gbpe)
正社員 · TOKYO
By
fashionsnap
掲載日
2016/04/24
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

男の中に潜むエロスに着目「ピガール」が東京で初のショー

By
fashionsnap
掲載日
2016/04/24

 「ピガール(Pigalle)」が、2016-17年秋冬メンズコレクション「Eros」を東京・青山で発表した。ショーの開催に合わせて、デザイナーのステファン・アシュプール(Stephane Ashpool)が来日し「東京は大好きな街。記念すべき10回目のコレクションなので日本で発表するのにふさわしいと感じた」と日本国内で初めてコレクションを発表した理由などを話した。同コレクションは4月23日に発売される。

男の中に潜むエロスに着目「ピガール」が東京で初のショー


 日本初開催となったショーは、今年1月にパリで初披露したコレクションをプレゼンテーション形式で再構築し、音楽は渋谷慶一郎が担当した。男性の中に存在するフェミニティーが作り出すエロティシズムに着目し「透ける素材や羽、オーガンジーなどの素材、薔薇の小道具などウィメンズの服に使うことが多い要素を取り入れつつ、シルエットはメンズらしく仕上げた」(ステファン・アシュプール)という。ショーの最後に登場したアシュプールが着用していたジャケットの刺繍は、シャネルの子会社パラフェクション傘下のオートクチュール刺繍工房「メゾン ルサージュ(Maison Lesage)」が手がけたほか、ジャケットの背面に施された「P」のロゴは羽根飾りで有名なオートクチュール・アトリエ「ルマリエ」が全て手作業で製作した。

 「Eros」コレクションがショー開催の翌日から店頭に並ぶことに対して、アシュプールは「ショー発表後すぐに商品を発売するのは前からやってみたかったことなので嬉しい」とコメント。「バーバリー」や「グッチ」など複数のブランドが実施する「See now buy now」システムを次も採用するかについては「トレンドだからといってやるわけではないが、発表した翌日に店頭に並ぶ商品があっても良いと思う。自分が心地良いと感じるやり方でやっていければ」と方向性を示した。

 

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.