×
201
求人
SHISEIDO
Accounting And Admin Manager, Accouting/s&op Group, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
ADAM ET ROPE
【本社】店舗設計・インテリア
正社員 · 東京都
AURALEE
Ec担当スタッフ
正社員 · 東京都
FARFETCH
E-Commerce Strategy Consultant - Farfetch Platform Solutions
正社員 · TOKYO
ISSEY MIYAKE
企画テキスタイル(Issey Miyake)
正社員 · 東京都
ISSEY MIYAKE
販売促進
正社員 · 東京都
ISSEY MIYAKE
国内営業
正社員 · 東京都
ISSEY MIYAKE
人事採用担当
正社員 · 東京都
ISSEY MIYAKE
海外営業
正社員 · 東京都
DIESEL
アパレル販売スタッフ【正社員】
正社員 · 木更津市
SHISEIDO
Imc Manager/ Staff, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
NEW ERA
デジタルマーケティング スペシャリスト/プロフェッショナル(正社員)
正社員 · 東京都
Y'S
アトリエスタッフ【中途採用】
正社員 · 東京都
Y'S
Wildside Yohji Yamamoto Ecサイト運営
正社員 · 東京都
Y'S
国内営業スタッフ【中途採用】
正社員 · 東京都
SHISEIDO
Manager, Digital Architecture, Digital Transformation Office
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
E-Commerce Director
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Global Procurement Excellence Group
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Global Business Solution Lead For Marketing (Gbsl - Ctm)
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Global Business Solution Expert For Otc
正社員 · Tokyo
AESOP
CRM Coordinator
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
CRM Manager, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
掲載日
2018/10/15
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

東京ファッションウィーク Day1 : 淡く繊細な日本女性とジェンダーレス

掲載日
2018/10/15

 「Amazon Fashion Week Tokyo 2019 S/S」が開幕し、「アオイワナカ(Aoi Wanaka)」、「ステア(Stair)」、「アカリ ミヤヅ(Akari Miyazu)」、そして「イン」の4組がファッションウィークデビューを飾ったほか、「ドレスドアンドレスド(Dressedundressed)」は新しい体制でショーを披露した。


淡く繊細なフェミニティを描く

Aoi Wanaka SS 2019


 初参加のブランドで目立ったのは、薄く透ける素材や繊細なレースを用いたスリークでフェミニンなシルエットだ。色使いもビビッドなものは避け、淡く曖昧なカラーパレットが軸になった。
 
 「Asia Fashion Collection 5th」にて最優秀賞を受賞し、ニューヨークでショーを発表したこともある和中碧が手掛ける「アオイ ワナカ」は、日本の素材にこだわり、植物にインスピレーションを得たモチーフをプリントやカットワーク、エンブロイダリーなどで表現した。自身のキャリアになぞらえて幼虫が蝶になるまで過程をテーマにした今回のコレクションでは、シルクのしなやかな落ち感やドレープに、レースやオーガンジーの柔らかな透け感を合わせ、まるで蛹から羽化したばかりのような儚さを前面に押し出している。たっぷりとボリュームのある袖や、細かいラッフル、シャーリング使いなどは繊細で美しいものの、一方でやや現代性を欠くようにも感じられるなか、オーバーサイズのシャツにカットワークを施したベストをレイヤードしたルックや、柔らかな生地と肩のレースでフェミニンに仕上げたテーラードジレ、やはり光沢のあるしなやかな素材を用いたトレンチドレス、腕にスリットを入れたオフィサージャケット風のシャツなど、マニッシュなコードを無理なく取り入れたアイテムは目を引いた。

Stair SS 2019


 ヴィンテージの写真に着想を得た「ステア」でも、やはり淡い色使いと透け感がキーワードとなった。何層も重なったシフォンが風を孕むドレスのほか、メッシュやフリンジ、ビーズなど質感の異なる編み地を繋ぎ合わせたトランスパレントなニットや、エンブロイダリーを施した肌に張り付くような繊細なスカート、極薄いニットがオフショルダーのシャツに繋がるトップスなどが印象的だった。「頑張りすぎない」とのコンセプト通り、日常に取り入れ易いリアルクローズを揃えた。また、「アカリ ミヤヅ」も自然や木をテーマに有機的なコレクションを披露。柔らかい素材をアシンメトリックに継ぎ合わせたドレスや、曲線的なステッチでどこかファンタジックなワードローブを提案した。

 淡く繊細なフェミニティ。力強い主張は無いが、これが現代の日本女性の"リアル"な気分に合っているのだろうか。
 

大胆なジェンダーベンディングを見せた「イン」

Ihnn SS 2019


 韓国出身の印致聖(Ihn Chisung)が立ち上げた「イン」も東京ファッションウィークで初のランウェイを披露したが、女性デザイナー3組とは異なり、大胆な色使いで独特のジェンダーベンドなクリエーションを見せた。ジェンダーが曖昧なワードローブや異性装はトレンドの一つとしても浮上してきているが、印もまたキャスティングを含め性別に捉われない服を提案した。鮮やかな赤を中心に、ネオンスカイブルーやライム、グリーンといったコントラストの強いカラーパレット、グラフィカルなプリントを、スポーティでアクティブなアイテムに落とし込んでいる。
 

「ドレスドアンドレスド」の シュールレアリスティックなテーラードスタイル

Dressedundressed SS2019 - Image: Fashionsnap.com


 北澤武志がソロになって初のコレクションとなる「ドレスドアンドレスド」は、ミニマルな中にアイロニーを感じさせる洋服を披露した。一見するとクリーンなテーラードアイテムには、しかし背中を大胆にカットして肌を見せたり、「YOU'RE PRETTY」のメッセージやロゴ、ワインを零した染みのような柄、そしてティーディフューザーを象ったアクセサリーなど、遊び心のあるディテールが盛り込まれている。レストランと恋をテーマにしたという通り、ショーの最後にはモデルたちが思い思いの "食事"風景をスローで繰り広げるというユニークな演出が。ここでもやはりジェンダーレスなテーラードというグローバルなトレンドの一旦を見て取ることができた。

 

不許複製・禁無断転載
© 2022 FashionNetwork.com