×
132
求人
NIKE
Japan - Assistant General Counsel - Privacy & Security
正社員 · Tokyo
PUMA
Cpg Sales Executive
正社員 · Tokyo
NIKE
j30 Operations Technology Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Brand Marketing For Effectim
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Commercial Finance Director
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Associated Brand Manager, Brand Development Asia g, Elixir Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
NIKE
j30 Project Management Office Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Product Innovation Group, The Ginza Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager of Microbial Quality
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Finance Manager
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Makeup Group, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Assistant Brand Manager, Brand Development China/tr/New Market g, Anessa Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Staff, Financial Planning & Analysis, Baum Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Digital Project Manager (Shu Uemura International)
正社員 · Tokyo
NIKE
Director, Consumer, Marketplace And Marketing Technology - Japan
正社員 · Tokyo
NIKE
Technology Manager, Digital Transformation Program Office (Dtpo)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Demand Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Category Buyer
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Retail Supply Chain Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
R&D Manager, Global Professional Business Div. Shiseido Professional Brand Unit
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Business Intelligence & Strategy Analyst / Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Marketing Manager/ Specialist, Global Professional Premium Hair Care Brand
正社員 · Tokyo
By
fashionsnap
掲載日
2020/10/02
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

ライザップグループ傘下「馬里邑」が来年3月に事業終了、堀田丸正は特別損失約3億円計上へ

By
fashionsnap
掲載日
2020/10/02

 ライザップグループ傘下の馬里邑が、2021年3月をもって事業を終了する。馬里邑ブランドの百貨店や専門店への卸売事業を展開してきた堀田丸正が事業撤退を決議し、株式会社馬里邑は休眠会社となる予定。従業員の雇用については現在調整中だという。


 馬里邑は1947年に創業し、刺繍を施したエレガントなワードローブを提案してきた。2013年9月末にはライザップグループの子会社となり、2017年6月に同じくライザップグループ入りした堀田丸正が同年7月に馬里邑事業部を立ち上げ、馬里邑ブランドの卸売事業の展開を開始。ピーク時は百貨店取引店舗70社、専門店取引200社まで拡大したが、2019年頃から高級婦人服の需要が減少したことで、2020年3月末には百貨店店舗は38店舗、専門店取引先は130社まで減少した。不採算店舗の閉鎖や販売員との契約見直しを行うなど徹底したコスト削減を図りながらブランド事業を継続してきたが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う営業時間の短縮や休業が業績に追い打ちをかけ、事業の維持が見込めなくなったという。馬里邑単体の業績は非公開としている。

 今回の決議を踏まえ、堀田丸正は2021年1月末を目処に店頭販売を終了し、同年3月末に馬里邑ブランド製品の取り扱いをすべて終了する。事業撤退に伴う特別損失約3億円を2021年3月期中に計上する予定で、堀田丸正はグループの収益を牽引してきたコア事業である意匠撚糸事業と高収益部門に経営資源を集中させ、来期以降の早期黒字化を目指す。
 

Copyright © 2022 Fashionsnap. All rights reserved.