×
120
求人
SHISEIDO
Global Controlling Specialist, Financial Accounting Dept
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Product Innovation Group, The Ginza Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager of Microbial Quality
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Finance Manager
正社員 · Minato City
NIKE
Operations & Logistics Technical Business Systems Analyst, Global Technology - Japan
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Category Extension Group, Marketing Dept., Sgbu
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Makeup Group, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Assistant Brand Manager, Brand Development China/tr/New Market g, Anessa Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Staff, Financial Planning & Analysis, Baum Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Digital Project Manager (Shu Uemura International)
正社員 · Tokyo
NIKE
Director, Consumer, Marketplace And Marketing Technology - Japan
正社員 · Tokyo
NIKE
Technology Manager, Digital Transformation Program Office (Dtpo)
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - 365 Creative Director
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Demand Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Category Buyer
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Retail Supply Chain Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
R&D Manager, Global Professional Business Div. Shiseido Professional Brand Unit
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Business Intelligence & Strategy Analyst / Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Marketing Manager/ Specialist, Global Professional Premium Hair Care Brand
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Ethics & Compliance Manager
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Neighborhood (Nbhd)/Authenticators Marketing Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Demand Planning Global Business Process Expert (dp Gbpe)
正社員 · TOKYO
掲載日
2015/10/08
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

ファーストリテイリング、15年8月期は過去最高達成するも計画下回る

掲載日
2015/10/08

「ユニクロ」などを所有するファーストリテイリングが10月8日発表した15年8月期の連結決算は、売上収益が前期比21.6%増の1 兆6,817 億円、営業利益が26.1%増の1644 億円、純利益は47.6%増の1100億円と、過去最高の業績を達成した。
 
 中国を始めとしたアジアでの好調な業績により、海外ユニクロ事業がけん引役となった一方、国内ユニクロ事業の伸びがやや鈍化したこともあり、好調な業績を残しつつも、純利益61%増の1200億円という業績予想は下回る結果となった。

Uniqlo


 国内ユニクロ事業の営業利益は10.3%増の1172億円。既存店売上高の6.2%増に支えられ、売上収益も9%増の7801億円となった。ヒートテックやウルトラライトダウンといった冬物コア商品の売上や春物の立ち上げが好調だった半面、気候の影響により夏物が低迷したという。売上高総利益率は前期に比べて0.2ポイント悪化したものの、業績としては過去最高を記録している。
 
 海外ユニクロ事業は、売上収益45.9%増の6036億円、営業利益は31.6%増の433億円と大幅な伸びを見せ、やはり過去最高を達成。特に、売上46.3%増、営業利益66.1%増と大きく拡大したグレーターチャイナのほか、韓国でも好調で、全体のけん引役となった。一方で、米国では苦戦が続いている。

 グローバルブランド事業では、「セオリー(Theory)」、「コントワー・デ・コトニエ(Comptoir des Cotonniers)」、「J Brand」で赤字が継続しているものの、ジーユー事業の好調が後押しし、全体では大幅な増収増益となった。売上収益は17.6%増の2953億円。
 
 16年8月期の連結業績予想は、売上高13%増の1兆9000億円、営業利益21.6%増の2000億円、そして純利益は4.5%増で1150億円を見込んでおり、最高益更新を計画しているという。

 

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com