×
191
求人
AESOP
CRM Coordinator
正社員 · Tokyo
NEW ERA
マーケティングマネージャー/インストアマーケティング(正社員)
正社員 · 東京都
NEW ERA
マーケティングディレクターまたはマーケティングシニアマネージャー/ブランドマーケティング(正社員)
正社員 · 東京都
NEW ERA
デジタルマーケティング スペシャリスト/プロフェッショナル(正社員)
正社員 · 東京都
SHISEIDO
CRM Manager, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
UKA
レセプショニスト
正社員 · 東京都
AESOP
アカウンティング マネージャー
正社員 · 東京都
AESOP
Accounting Manager (アカウンティング マネージャー)
正社員 · Tokyo
Y'S
営業アシスタント
正社員 · 東京都
Y'S
国内営業スタッフ
正社員 · 東京都
GUCCI
Gucci Store Planning Senior Project Manager
正社員 · 東京都
GUCCI
Gucci Back Office Specialist
正社員 · 東京都
GUCCI
Client Data & Insights Manager
正社員 · 東京都
SHISEIDO
Group Manager, Logistics Service Group, Global Logistics Dept
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Associate Brand Manager, Product Innovation Group, Elixir Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
BAROQUE JAPAN LIMITED
人事労務担当
正社員 · 東京都
BAROQUE JAPAN LIMITED
Ecサイト運営担当
正社員 · 東京都
UNITED ARROWS LTD.
【正社員】アプリエンジニア
正社員 · 東京都
UNITED ARROWS LTD.
【正社員】システムインフラ担当 ※インフラをメインとした新規システム企画
正社員 · 東京都
UNITED ARROWS LTD.
プロジェクトマネジャー
正社員 · 東京都
RESTIR
Ec事業部 メンズ 営業/企画
正社員 · 東京都
RESTIR
Ec事業部 ウィメンズ 営業/企画
正社員 · 東京都
By
fashionsnap
掲載日
2022/03/23
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

スーツはファッション?栗野宏文氏が考える「自由な背広」とは何か

By
fashionsnap
掲載日
2022/03/23

 「ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)」「コム デ ギャルソン(COMME des GARÇONS)」「ニューバランス(New Balance)」が協業したポップアップストア「自由な背広」がオープンした。ワークスタイルのカジュアル化やリモートワークの浸透などでスーツやジャケットを着用する機会が減っている中、3社が共同でスーツスタイルを提案する。「このお店から新しいシルエットを打ち出すということは全くない」と話す仕掛け人の栗野宏文氏(ユナイテッドアローズ上級顧問)による「自由な背広」とは?



いつの間にかスーツはビジネスマンのユニフォームになった

 ポップアップストアのきっかけについて栗野氏は「スーツは元々お洒落をしたいなというときに着るものでしたが、いつの間にかスーツがビジネスマンのユニフォームのようになりました。だからコロナによるリモートワークや世の中の景気の下振れによって暮らしが変わるとスーツを着るということにエネルギーを使わなくなり後退してしまう。そこで、一度ビジネスシーンから切り離して元々のピュアなスーツやジャケットの楽しみ方を見える化したいと考えました」と説明。着用頻度の減少など逆風が吹いているスーツを題材に、トラッドなスタイルを提案するユナイテッドアローズと、革新的な取り組みを行うコム デ ギャルソン、ニューバランスの3社が協業して「良いケミストリー」を起こすことが狙いだ。

 出店場所は2019年のリニューアル以降、栗野氏が度々足を運んでいるという渋谷パルコの1階を選択。2021年の9月に自身がプロジェクトディレクターを務める「FACE. A-J」(Fashion And Culture Exchange. Africa-Japan)のポップアップを渋谷パルコで開催した際に、「8階の映画館ではマルタン・マルジェラやデヴィッド・バーンの映画を上映していて、映画を見た人が館を回遊する。そういったところから、ただ服やトレンドを売っているわけではなく常にカルチャーを発信しているというのが改めて感じられました。この素敵な場所で、従来のものとは違うスーツのステージを提案してみたかったんです」と話す。

バブルの「日本の背広」から新たな「自由な背広」へ

 ポップアップショップのタイトル「自由な背広」は、栗野氏が用意したいくつかの候補から川久保玲氏が選定。「自由な背広」は「コム デ ギャルソン・オム ドゥ(COMME des GARÇONS HOMME DEUX)」がスタートした1987年の広告のキャッチコピー「日本の背広」をアレンジしたもので、実際同店舗でコム デ ギャルソンは「コム デ ギャルソン・オム ドゥ」のアイテムをメインに展開している。栗野氏は「当時の世の中はバブルだったので、"日本の背広"というキャッチコピーは襟を正して、もう少し矜持を保ちなさいよというメッセージだったと思います。それから約35年が経ち、バブルのときのような浮ついたスタイルが減り、スーツをビジネスシーンに閉じ込め過ぎてしまった。矜持を保った部分を残しつつ、もっと自由に捉えて欲しいと考えこの企画を立案しました」と明かす。

 アイテムラインナップは、ユナイテッドアローズが「ユナイテッドアローズ&サンズ(UNITED ARROWS & SONS)」や「ソブリン(SOVEREIGN)」「テゲ ユナイテッドアローズ(TEGE UNITED ARROWS)」といったレーベルのセットアップなどベーシックなアイテムをセレクト。ニューバランスは、メイドインUSAのモデルを中心に、栗野氏や「ディストリクト ユナイテッドアローズ(District UNITED ARROWS)」の店員が普段から着用しているという900番台や1500番をはじめ、「東京デザインスタジオ ニューバランス(TOKYO DESIGN STUDIO New Balance)」の「TDS 574」などを展開している。

誰かが行動を起こさないとなかなかファッションは面白くならない

 そのほか、店内ではアート本やレコードも販売している。「スーツを自由に着るという行為から為人が感じられる」という考えから、「ポートレート」をキーワードに南ロンドンのジャズやブラジルのソウルといったレコードや、映画のワンシーンをイラストにした書籍、シャーマニストを撮影した写真集など自由なスーツスタイルを楽しむ人に触れてほしい作品群を並べた。また、店舗にあるドローイング作品は馬渕岳大氏が制作。今回のために描き下ろした新作などを店舗やファザードで展示している。

 栗野氏は「自由な背広」について「スーツにネクタイじゃなくても良い。スニーカーを履くのも、コーチジャケットを中に着るのも良いでしょう。もちろん正解なんてありません」と説明。続けて「誰かが行動を起こさないとなかなかファッションは面白くならないんですよ。"モード後の世界"という本を出しましたが、要はモードやトレンドがファッションを動かしているわけではないんです。常々口にしていますが、形にしないと通じないので少しでもファッションとしてスーツを楽しむ人の背中を押すことができればと思い、ポップアップの出店に至りました」と締め括った。

■「自由な背広」ポップアップストア

期間:2022年3月23日(水)~4月12日(火)
会場:渋谷パルコ 1階 POP UP SPACE「The window」
住所:東京都渋谷区宇田川町15-1
電話番号:03-6416-5396
 

Copyright © 2022 Fashionsnap. All rights reserved.