×
340
求人
SHISEIDO
Group Manager, Digital Strategy & Execution, Cle de Peau Beaute Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Information Security Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Financial Controller, Strategic Finance Department
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Regional Business Development Staff, Cross Boarder Strategist, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Regional Business Development Staff, s&op Strategist, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Information Security Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager / Staff, Social / Kol / Influencer Management, Marketing & Communication
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Oversea Business Development Manager/Staff, Baum Group, Baum
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Product Manager (Staff-jr.Mgr) (Luxe)
正社員 · Tokyo
COACH
sr. Manager, Retail E-Commerce
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Regulatory Strategy Group
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Global Brand Holder Demand Planner
正社員 · Tokyo
YOHJI YAMAMOTO INC.
国内営業スタッフ【中途採用】 (売上・在庫管理、店舗サポート業務、取引先との商談・交渉 等)
正社員 · 東京都
YOHJI YAMAMOTO INC.
営業アシスタント (売上・在庫数の集計・データ分析)
正社員 · 東京都
YOHJI YAMAMOTO INC.
Ecサイト運営 (Ecサイトの運営管理 等)
正社員 · 東京都
BARNEYS NEWYORK
【サポートオフィス】システムチームスタッフ(正社員)
正社員 · 東京都
SHISEIDO
Strategic Human Resources Manager, People Division
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager/Staff, Marketing & Communication Development Department, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
資金マネージャー, 財務経理部 Treasury Manager, Financial Accounting Dept
正社員 · Tokyo
NIKE
Corporate Functions Business System Analyst Lead
正社員 · Tokyo
NIKE
Node And Logistics Business System Analyst (Tokyo)
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Sports Marketing Director
正社員 · Tokyo
掲載日
2015/05/08
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

進化を続けるピッティ:バーチャル展示会「e-Pitti」で得たビッグデータを活用

掲載日
2015/05/08

 2011年6月に本格始動したバーチャル展示会「e-Pitti」が、重要な役割を担うプラットフォームとして成長を続けている。「e-Pitti」は、「ピッティ ウオモ(Pitti Uomo)」や「ピッティ ウーマン(Pitti W)」、「ピッティ ビンボ(Pitti Bimbo)」のほか、糸の展示会「ピッティ フィラティ(Pitti Filati)」のサービスをオンラインで利用できるバーチャル展示会。これらの展示会を主催するピッティ・イマージネ(Pitti Immagine)社は、「e-Pitti」を通じて収集した豊富なデータを活用し、実際の展示会の運営に役立てているという。



「e-Pitti」のホームページ



 本格始動から4年、8シーズンにわたり盛況を博してきた「e-Pitti」のページビューは、2015年1月、前年同月に比べ45%増という大幅な飛躍を見せた。バーチャル展示会として、ますます充実したサービスを提供する一方で、コンテンツを増やし、バイヤーや出展者を対象としたユーザー体験の向上にも力を入れている。また、ピッティ・イマージネ社にとっては、バイヤーの嗜好や顧客像を的確に把握できる貴重なツールとなっている。

 同社は、e-Pitti.comを通じて収集したデータを分析し、最もニーズの高い商品などを把握。バイヤーが求める商品カテゴリー(パンツ、シャツなど)やカラー、スタイル(定番、スポーツカジュアル、アバンギャルドなど)だけでなく、バイヤーの顧客像を浮き彫りにし、さらには国籍ごとにその傾向を分析することも可能だ。例えば、ドイツ人バイヤーは前衛的なニットを好み、米国人はクラシカルなジャケットに目がないという。

 「e-Pitti」(FieraDigitaleが25%、Pitti Immagineが75%を出資)を運営するFieraDigitaleのフランチェスコ・ボッティグリエーロ(Francesco Bottigliero)社長は、「実際の展示会では入り口でバッジをスキャンするだけだが、e-Pittiでは、バイヤーが最も注目している商品は何か、また最も人気のない商品は何か、という一歩踏み込んだ情報を得ることができる」と説明する。

 さらに、「今はまだ長い道のりの始まりに過ぎないが、将来的には当社パートナーに対し、常に最新の統計分析を提供できるようになる。現時点ではe-Pittiを通じたデジタルデータの収集にとどまるが、近い将来には、実際の展示会でも同様に正確なデータを収集し、オンラインとオフラインの融合を図りたいと考えている。リアルとバーチャルを織り交ぜた真の展示会を提案するパイオニアを目指す」と話す。


e-Pittiの「数字で見る2015年冬」



 ピッティ・イマージネ社のラファエロ・ナポレオーネ(Raffaello Napoleone)CEOによると、「こうした情報を活用することにより、バイヤーの求めているものを予測し、確認することができる。新規出展者を選ぶ際の基準としてこうしたデータを参考にすることもできるし、特に求められている商品タイプの傾向を把握したり、出展者にとって最適なブース配置を提案することも可能となる」という。

 また、実際の展示会が行われていない時期に、顧客との関係を維持するためのツールとしてバーチャル展示会を活用することもできる。ナポレオーネCEOは、「実際の展示会に来られなくても、e-Pittiならいつでも訪問できる。しかも、e-Pittiの立ち上げによって、実際の展示会への訪問者数が減ったわけでもない。リアルとバーチャルが相乗効果を生み、当社にとって極めて大きな恩恵をもたらしている。これも当社が、この分野に先駆的に取り組んできたおかげだ」と話す。

 e-Pittiでは、最新のサービスとして「トレンド予測」をスタート。イタリアのスタートアップNextatlas社と提携し、ソーシャルメディア上で収集した一連の画像を分析して、ユーザーに毎週のトレンドをリアルタイムで提供する。毎回3つの最新トレンドを提案するほか、e-Pittiで展示されている商品を紹介する詳細な資料も公開しているという。

 2014年6月にリニューアルしたe-Pittiは現在、英語、イタリア語、ロシア語、日本語で展開。メンズファッションの展示会「ピッティ ウオモ」をはじめ、ウィメンズの「ピッティ ウーマン」、キッズの「ピッティ ビンボ」、糸を取り扱う「ピッティ フィラティ」を13週にわたってカバーし、計1336ブランド、約8000点の商品をオンライン展示している。105カ国のバイヤーが利用しており、最も多いのはイタリア(60%)、次いで日本、スペイン、米国、ドイツとなっている。

不許複製・禁無断転載
© 2023 FashionNetwork.com