ナポレオンに愛された「ショーメ」日本初の展覧会が開幕

 6月28日から開催されるフランスのジュエリー・ウォッチブランド「ショーメ(Chaumet)」に焦点を当てた展覧会「ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界 ―1780年パリに始まるエスプリ」に先駆けて、6月27日に関係者向けの内覧会が行われた。

麦の穂のティアラ - Image: Fashionsnap.com

 同展はルーヴル美術館名誉館長アンリ・ロワレット氏監修の下、1780年に創業したショーメの現代まで続く伝統と歴史を紹介する日本初の展覧会。ショーメの歴史やブランドを象徴するティアラや旅といった、8つのテーマで分けられた18の展示スペースで構成されている。
 
 今回日本で初めて展示されることになった「皇帝ナポレオン一世より贈呈された教皇ピウス7世のティアラ」やナポレオン1世の妻であるジョゼフィーヌが好んだとされる繁栄と肥沃を表す麦をモチーフにしたティアラ、今回の展示のために特別に製作されたジュエリーなど、デザイン画を含む300点以上を展示。これらの作品はショーメのアーカイブとヨーロッパを中心とした15の美術館や博物館から集められた。ジュエリーとともに、ブランドとゆかりのあるナポレオンやジョゼフィーヌらの肖像画も展示され、アートとジュエリーを一度に楽しめる展覧会となっている。
 

■ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界 ―1780年パリに始まるエスプリ
会期:2018年6月28日(木)〜9月17日(月・祝)
場所:三菱一号館美術館
住所:東京都千代田区丸の内2-6-2
開館時間:10:00〜18:00(入館は閉館時間の30分前まで)
入場料:1,700円(一般:前売り¥1,500)、1,000円(高校・大学生)、500円(小・中学生)
*祝日除く金曜、第2水曜、会期最終週平日は21:00まで
休館日:毎週月曜(祝日・振替休日の場合は開館)、年末、元旦、展示替え期間
*臨時の開館・休館の場合あり

 

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

ラグジュアリー - アクセサリー・雑貨宝飾品・貴金属イベント
新規登録