×
29
求人
L'OREAL GROUP
Japan CRM Manager (IT)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan (Senior) Product Manager (Shu Uemura International)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Product Manager (Luxe, Giorgio Armani Beauty)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Product Manager (Active Cosmetics Division, la Roche-Posay)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Data Strategy Director/Manager (Cdo)
正社員 · Tokyo
PUMA
Content Management Manager, E-Commerce
正社員 · Tokyo
BEAUTYSTREAMS
Seeking Social Media & Product Bank Interns Japan Related Content
インターン · TOKYO
BEAUTYSTREAMS
Seeking Social Media & Product Bank Interns Japan Related Content
インターン · TOKYO
L'OREAL GROUP
Japan Retail Design Group Manager (Luxe)
正社員 · Tokyo
PUMA
Controller/Specialist (fp&a)
正社員 · Tokyo
LULULEMON
Educator Factory Outlet | Gotemba Premium Outlet
正社員 · Shizuoka
LULULEMON
Educator | Add Store Name Here
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan E-Commerce Customer Care Agent
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Finance Accountant
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Consumer Market Intelligence Researcher
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Digital & Social Specialist (Cdo)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Oms(Order Management System) Expert
正社員 · Tokyo
PUMA
E-Commerce, Content Management
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan cx Manager / Specialist
正社員 · Tokyo
PUMA
Data Analyst, Puma Japan Ecommerce
正社員 · Tokyo
LULULEMON
Educator (Part Time) | Tokyo Roppongi Hills
正社員 · Tokyo
LULULEMON
Educator (Full Time) | Tokyo Roppongi Hills
正社員 · Tokyo
掲載日
2015/06/24
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

グッチの変革は続く

掲載日
2015/06/24

  先シーズンは序章に過ぎなかった。フリーダ・ジャンニーニ(Frida Giannini)が去った後、アレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)が手がけた「グッチ(Gucci)」のメンズ秋冬コレクションは、過去との決別を表すような仕上がりだった。

 大手グループ「ケリング(Kering)」の主要ブランドの新アーティスティック・ディレクターとして、アレッサンドロ・ミケーレは大胆な挑戦を続けている。6月22日に発表した2016年春夏メンズコレクションを見ても、それは明らかだ。



 ショーは、ミラノのヴァルッテリーナ通りにある古い倉庫だった建物で行われた。薄暗い会場でオペラをバックに、長いランウェイをモデルが闊歩する。繊細なシルエットと質素な内装が対照的だ。

 コレクションでは、「グッチの新たなアイコニックアイテム」になるべく、前シーズンのキーとなる要素が引き継がれていた。ベレーやモカシンミュールなどのアイテムは、今期はゴールドに。さらに、ウィメンズで見られるGGマークの入ったベルトやレースアップバレエシューズなどもメンズ向けに提案された。

 また、新しく見られたイエローレンズのビッグサイズサングラスなどは、来年大ヒットしそうだ。先シーズンからのトレンド、レースのトップスやシャツは引き続き登場。「モスキーノ(Moschino)」や「ヌメロ・ヴェンティウーノ(N°21)」などのブランドでも再登場し、人気は存続する模様。

 シルエットは70年代を取り入れたものが多く、裾がフレアしたパンツや、半袖ジャケットが見られたほか、首のリボンや細かな刺繍、クロッシェのアンサンブルなど、ノスタルジックな要素も。しかし、何と言っても特筆すべきは異国のタペストリー風スーツで、昔の貴族の邸宅を思わせるようなモチーフが印象的だった。


 「ターゲットがはっきりしている。こういったアイテムを着こなすには、相応しい体型やスタイルは勿論、財力があって、ゲイカルチャーに親和性がなければいけない。非常に人を選ぶ」という意見もあった。

 ここ最近は売上が低迷している「グッチ」だが、これを機に挽回できるかどうか、大きな賭けになりそうだ。ただ、昔のコレクションから脱して、同ブランドのラインナップを一新する必要がある、という点では、少なくとも多くの小売業者の意見が一致している。


 ショーは大きな拍手に包まれてフィナーレを迎えた。最近ではニューヨークでのクルーズラインコレクションも好評を得ていたが、このことから考えても、ここ数ヶ月の「グッチ」は、世界中のファッション業界の注目を一身に浴びていると言えるだろう。
 

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com