×
352
求人
NEWELL
E-Commerce Content Manager
正社員 · MINATO CITY
L'OREAL GROUP
Japan Product Manager (Staff-jr.Mgr) (Luxe)
正社員 · Tokyo
COACH
sr. Manager, Retail E-Commerce
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Regulatory Strategy Group
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Global Brand Holder Demand Planner
正社員 · Tokyo
YOHJI YAMAMOTO INC.
国内営業スタッフ【中途採用】 (売上・在庫管理、店舗サポート業務、取引先との商談・交渉 等)
正社員 · 東京都
YOHJI YAMAMOTO INC.
営業アシスタント (売上・在庫数の集計・データ分析)
正社員 · 東京都
YOHJI YAMAMOTO INC.
Ecサイト運営 (Ecサイトの運営管理 等)
正社員 · 東京都
H&M
Content Production Manager
正社員 · SHIBUYA CITY
BARNEYS NEWYORK
【サポートオフィス】システムチームスタッフ(正社員)
正社員 · 東京都
SHISEIDO
Strategic Human Resources Manager, People Division
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager / Staff, Social/Kol/Influencer Management, Marketing & Communica, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager/Staff, Marketing & Communication Development Department, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
資金マネージャー, 財務経理部 Treasury Manager, Financial Accounting Dept
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Product Brand Manager (Maybelline New York)
正社員 · Tokyo
NIKE
Corporate Functions Business System Analyst Lead
正社員 · Tokyo
NIKE
Node And Logistics Business System Analyst (Tokyo)
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Sports Marketing Director
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Legal Director
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
International CRM And Data Manager (Takami International)
正社員 · Tokyo
ADASTRIA
【Dx戦略部】Scm領域 プロジェクトマネージャー/リーダー
正社員 · 東京都
ADASTRIA
【マーケティング本部 Web事業部】スタジオ管理担当
正社員 · 東京都
掲載日
2016/02/01
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

イエール国際モード&写真フェスティバル、新生「パコ・ラバンヌ」クリエイティブディレクターが審査委員長に 4人の日本人が最終選考入り

掲載日
2016/02/01

 4月21日~25日に開かれるイエール国際モード&写真フェスティバル(Festival de mode et de photographie de Hyères)の審査員長として、新生「パコ・ラバンヌ(Paco Rabanne)」のクリエイティブディレクター、ジュリアン・ドッセーナ(Julien Dossena)が選ばれた。同メゾンはプーチ(Puig)グループ傘下にあり、そのファッション部門のトップを務めるラルフ・トレダノ(Ralph Toledano)氏はフェスティバルの重要人物でもある。また、モードのクリエーターとクチュリエのプレタポルテ組合(Fédération Française de la Couture du Prêt à Porter des Couturiers et des Créateurs de Mode)の会長としても有名だ。

ジュリアン・ドッセーナ Paco Rabanne - Spring-Summer2016 - Womenswear - Paris - © PixelFormula


 しかし、ドッセーナ選出の理由はそれだけではない。彼自身、2006年には、まだ学生の時分に同フェスティバルで「1、2、3賞」を受賞している。また、メゾン「パコ・ラバンヌ」は第31回の特別ゲストだ。
 
 本格的に再スタートを切った「パコ・ラバンヌ」は、最近パリのカンボン通りに路面店を開いたばかり。

 昨年は「シャネル(Chanel)」のクリエイティブスタジオディレクター、ヴィルジニー・ヴィアール(Virginie Viard)が審査員長を務めた。「シャネル」は勿論今年もパートナーとして参加しており、他にも、LVMHグループ、プルミエール・ヴィジョン(Première Vision)、メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)、フランスクチュール連盟(Fédération Française de la Couture)やモードのクリエーターとクチュリエのプレタポルテ組合、ギャラリー・ラファイエット(Galeries Lafayette)などが名前を連ねる。
 
 53ヵ国300組が集まった中から、10組の候補者が最終選考に残った。うち、黒沢秋乃、富永航、木下翔平、向祐平ら4人の日本人が選出されている。
 

■第31回イエール国際フェスティバル ファイナリスト
Laura Boned (ウィメンズ、フランス)
Claura Daguin (ウィメンズ、フランス)
Rolf Ekroth (メンズ、フィンランド)
Hanne Jurmu&Anton Cartiainen (メンズ、フィンランド)
木下翔平(Shohei Kinoshita)(ウィメンズ、日本)
Clémentine Küng (メンズ、スイス)
黒沢秋乃(Akino Kurosawa)(ウィメンズ、日本)
向祐平(Yuhei Mukai)(ウィメンズ、日本)
Amanda Svart (ウィメンズ、スウェーデン)
富永航(Wataru Tominaga)(メンズ、日本)

 

不許複製・禁無断転載
© 2023 FashionNetwork.com