×
130
求人
NIKE
Japan - Team Sales Manager
正社員 · Tokyo
PUMA
HR Business Partnering
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Global Controlling Specialist, Financial Accounting Dept
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Product Innovation Group, The Ginza Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager of Microbial Quality
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Finance Manager
正社員 · Minato City
NIKE
Operations & Logistics Technical Business Systems Analyst, Global Technology - Japan
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Category Extension Group, Marketing Dept., Sgbu
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Makeup Group, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Assistant Brand Manager, Brand Development China/tr/New Market g, Anessa Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Staff, Financial Planning & Analysis, Baum Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Digital Project Manager (Shu Uemura International)
正社員 · Tokyo
NIKE
Director, Consumer, Marketplace And Marketing Technology - Japan
正社員 · Tokyo
NIKE
Technology Manager, Digital Transformation Program Office (Dtpo)
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - 365 Creative Director
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Demand Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Category Buyer
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Retail Supply Chain Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
R&D Manager, Global Professional Business Div. Shiseido Professional Brand Unit
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Business Intelligence & Strategy Analyst / Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Marketing Manager/ Specialist, Global Professional Premium Hair Care Brand
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Ethics & Compliance Manager
正社員 · Tokyo
掲載日
2017/04/11
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

アメリカンアパレル、 脱"メイド・イン・USA"か 卸向けTシャツは中米での生産に

掲載日
2017/04/11

 「アメリカンアパレル(American Apparel)」が、卸製品に関して、米国内からホンジュラスやニカラグアといった中米での生産に移行しているという。現在ギルダン(Gildan)が所有している「アメリカンアパレル」だが、当初は"メイド・イン・ダウンタウン・LA "を企業メッセージとして掲げていた。

American Apparel

 
 ニューヨークポスト紙によると、「アメリカンアパレル」は現在、卸売向けのTシャツをホンジュラスとニカラグアで生産しているという。今夏からは、"メイド・イン・ホンジュラス"や"メイド・イン・ニカラグア"の製品が市場に出回ることになる。
 
 中米に自社工場を所有する親会社のギルダン・アクティヴウェアは、「価格に敏感な」消費者に向けて、"メイド・イン・USA"を脱する決断を進めている。一方で、ブランドとしての小売商品の製造場所に関しては未定の状態が続く。

 昨年11月に米国連邦倒産法第11章を申請していた「アメリカンアパレル」を、今年2月に入って取得したギルダン。1億300万ドル(約113億300万円)で買収した後も、グレン・チャマンディ(Glenn Chamandy)CEOは「アメリカンアパレル」製品の生産を米国内で行っていくとしながら、一部国外での生産もあり得ると話していた。
 
 「色々な要素を考慮する予定で、勿論"メイド・イン・USA"に対する特定の需要もその中に含まれている。ブランドをいかに消費者に届けていけるか、近いうちに機会を見定めていきたい」とジルダンのゲリー・ベル(Garry Bell)広報担当。
 
 今年1月には大量解雇も実施し、各国の店舗閉鎖も進めてきた「アメリカンアパレル」。日本市場は昨年末をもって撤退している。現在も72店舗で80%の値引き販売を行っているが、大半の直営店が4月に閉鎖予定だ。
 

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com