×
253
求人
SHISEIDO
DプログラムブランドのCrm Specialist
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
エリクシールブランドCrm担当(アシスタントブランドマネージャー)
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
プリオールブランドのマーケティングポジション,Assistant Brand Manager or Brand Associate
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
イハダ・ドゥーエ ブランド Assistant Brand Manager / Brand Associate
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Assistant Brand Manager For Brand Development Asia Group, Elixir
正社員 · Tokyo
SAZABY LEAGUE, LTD. LITTLE LEAGUE COMPANY
経営管理・計数管理業務
正社員 · 東京都
RON HERMAN
ロンハーマン ウィメンズバイヤー
正社員 · 東京都
CANADA GOOSE
カナダグースジャパン 経理
正社員 · 東京都
FARFETCH
E-Commerce Strategy Consultant - Farfetch Platform Solutions
正社員 · TOKYO
TOKYO BASE
経理
正社員 · 東京都
FENDI
デジタル マネージャー
正社員 · 東京都
H&M
Content Production Manager
正社員 · SHIBUYA CITY
SHIRO
【Shiro】法務担当(シニア採用)
正社員 · 東京都
SHIRO
砂川本社 化粧品製造ライン責任者候補(無期社員)
正社員 · 北海道
SHIRO
【Shiro】営業(Btob)
正社員 · 東京都
NIKE
Digital Performance Marketing Manager, Nike.Com/ Nike App
正社員 · Tokyo
JORDAN
Japan - Brand Marketing Manager (Jordan)
正社員 · TOKYO
NIKE
Japan - Digital Loss Prevention & Payment Manager
正社員 · Tokyo
NEW ERA
デジタルマーケティング スペシャリスト/プロフェッショナル(正社員)
正社員 · 東京都
L'OREAL GROUP
Japan Demand Planner
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan (Senior) Product Manager (Shu Uemura International)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan CRM Digital Product Manager (Luxe)
正社員 · Tokyo
掲載日
2018/08/29
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

インタビュー:「トム・ブラウン」取得をジルド・ゼニアが語る

掲載日
2018/08/29

 「トム・ブラウン(Thom Browne)」の株式85%取得を発表したばかりのエルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)グループ。合意に至る以前から、ブランドのコレクションの一部を生産し始めていたとも明かすジルド・ゼニア(Gildo Zegna)CEOが、今後の展望について当紙に語った。

Gildo Zegna Photo: Courtesy - Photo: Courtesy


 「少し先走ったかもしれないね!でもここ数ヵ月で、すでに『トム・ブラウン』の2019年春夏コレクションを少しだけ生産し始めていたんだ。最初の段階は済んでいたということになる」とCEOは笑う。
 
 「我々は"何か"を探していた。そこへ何気なく落ちてきたんだ。取引には丁度良いタイミングだったから、決断は早かったね。トム・ブラウンは自分が求めていることをよく知っているし、彼のチームも素晴らしい。ロドリゴ・バザン(Rodrigo Bazan)CEOをはじめ、マーケティング・コミュニケーションディレクターのトマゾ・ガッリ(Tomaso Galli)もいる」。

 今回の取引が、かつての「グッチ(Gucci)」関係者で繋がっているところも興味深い。「トム・ブラウン」のバザンCEOは、当時のグッチグループでドメニコ・デ・ソーレ(Domenico de Sole)がトップだった時代に金融コンサルタントとしてキャリアをスタートしている。そしてこのデ・ソーレは、2016年から「トム・ブラウン」の親会社となっている売却元、サンドブリッジ社(Sandbridge Capital)の取締役だ。
 
 「銀行の仲介は要らなかった。すぐに飛びついたからね。特にサンドブリッジはこういう案件に強い。トムとドメニコ・デ・ソーレの助けもあった。イタリアのチームワークのなせる業かもしれないな」とジルド・ゼニア。
 
 「トム・ブラウン」のランウェイショーに出席したことはないという同氏だが、「ビデオでは何度も見たよ。それに今度のパリには行く予定だ」とも語った。

Thom Browne - Spring-Summer2019 - Menswear - Paris - © PixelFormula


 「トム・ブラウン」のショーは、次回パリ ファッションウィーク中の9月30日に予定されている。
  
 北イタリアらしい洗練されたスタイルで知られるジルド・ゼニアCEOが、今後「トム・ブラウン」のスクールボーイ風ファッションを纏う日は来るのだろうか?
 
 「あり得るんじゃないかな?彼のニットウェアやジャージは好きだ。その時が来たら考えるよ」。
 
 ゼニアとサンドブリッジが交渉を始めたのはこの春になってからだということだが、CEOはすぐに成長の可能性を見出し、堅調な事業を評価したという。「トム・ブラウン」の業績は公開されていないが、今年の売上高は1億5000万ドル(約167億2600万円)に届くと見られている。
 
 「トム本人には数回会ったが、全て滞りなく進んだよ。トムには独立を保ってもらう。我々はそれをサポートするだけだ。素材が主な役割だと考えている。それから生産も少しね」とCEO。ゼニアグループは、洗濯機で洗えるスーツから様々なテクニカルプリントまで、メンズファッションの分野で最先端を誇るテキスタイル部門を抱えている。
 
 「テキスタイルに関しては徐々に進めていくつもりだ。トムを我々の工場に案内して、メイド・トゥ・メジャーの工程を見てもらいたい。今のところ、今後の具体的な投資についてどうという話はできない。我々は『トム・ブラウン』を取得したばかりなんだ。でも、成長させたいなら投資しなくてはいけない。それが筋というものだからね」とジルド・ゼニアは締め括った。
 
 
(2018年8月29日現在、1米ドル=111円で換算)
 
 

不許複製・禁無断転載
© 2022 FashionNetwork.com