×
140
求人
SHISEIDO
Associated Brand Manager, Brand Development Asia g, Elixir Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
NIKE
j30 Project Management Office Manager
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Team Sales Manager
正社員 · Tokyo
PUMA
HR Business Partnering
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Global Controlling Specialist, Financial Accounting Dept
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Product Innovation Group, The Ginza Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager of Microbial Quality
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Finance Manager
正社員 · Minato City
NIKE
Operations & Logistics Technical Business Systems Analyst, Global Technology - Japan
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Category Extension Group, Marketing Dept., Sgbu
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Makeup Group, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Assistant Brand Manager, Brand Development China/tr/New Market g, Anessa Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Staff, Financial Planning & Analysis, Baum Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Digital Project Manager (Shu Uemura International)
正社員 · Tokyo
NIKE
Director, Consumer, Marketplace And Marketing Technology - Japan
正社員 · Tokyo
NIKE
Technology Manager, Digital Transformation Program Office (Dtpo)
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - 365 Creative Director
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Demand Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Category Buyer
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Retail Supply Chain Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
R&D Manager, Global Professional Business Div. Shiseido Professional Brand Unit
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Business Intelligence & Strategy Analyst / Manager
正社員 · Tokyo
掲載日
2019/04/09
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

イオンモール/2月期、日本・アセアン事業が好調で売上高8.6%増

掲載日
2019/04/09

 イオンモールが4月9日に発表した2019年2月期連結決算によると、売上高3129億7600万円(前期比8.6%増)、営業利益529億8700万円(7.7%増)、経常利益522億600万円(6.5%増)、親会社に帰属する当期利益335億3800万円(9.8%増)となった。

The Outlets Hiroshima


 日本事業の売上高2683億5800万円(5.0%増)、営業利益は524億1500万円(4.7%増)。
 
 モール事業は、既存モールにおいて2モールの増床、6モールのリニューアルを実施した。積極的な既存モールの増床およびリニューアルに加え、「ハピネスモール」の取り組みを通じた新たな顧客層の取り込み、ローカライゼーションの推進を目的とした営業施策を実施した。

 新規事業拠点として、新フォーマットのThe Outlets Hiroshima(広島県)のほか、イオンモール座間(神奈川県)、イオンモールいわき小名浜(福島県)、イオンモール津南(三重県)をオープンした。
 
 2モールで増床、6モールでリニューアルを実施した。
 
 また、国内における消費需要の喚起を目的として、11月23日から25日の3日間に「イオンモール ブラックフライデー」を全国のイオンモールで行った。
 
 同企画は今回で3年目を迎えたことで、お客の認知度が高まり、今年も、目玉商品を期間限定価格で取り揃えるなど、さまざまな企画実施により集客拡大を図った結果、期間中の来店客数は対前年同期比2.7%増、売上は6.6%増と好調に推移した。
 
 中国事業は売上高333億6900万円(39.6%増)、営業損失は4億5300万円(前連結会計年度は11億3200万円の営業損失)。
 
 17モール中10モールで黒字化を達成し、営業損益は、前連結会計年度と比較して6億7900万円の利益改善となった。
 
 次期は、売上高3260億円(4.2%増)、営業利益620億円(17.0%増)、経常利益540億円(3.4%増)、親会社に帰属する当期利益337億円(0.5%増)を見込んでいる。
 
 アセアン事業は、売上高112億4800万円(29.1%増)、営業利益は9億9900万円(約5倍)。
 
 全7モールで黒字化を達成した。



Copyright © 2019 All rights reserved.

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com