スティーブ・マデン、デザインの模倣でスケッチャーズに訴えられる

 米シューズブランド「スティーブ・マデン(Steve Madden)」には、コピーの悪評が付いて回っている。近年いくつものブランドからの抗議を受けており、「アレクサンダー・マックイーン(Alexander McQueen)」や「バレンシアガ(Balenciaga)」の件は有名だ。特に、「バレンシアガ」は、シューズの模倣だけでなく、昨年にはバッグについても訴えを起こしている。

Skechers Go Walk のモデル - Skechers

 新たな訴えにより、また悪評を高めてしまうのは避けたいところだ。今回は、「スケッチャーズ(Skechers)」がカリフォルニア中部地区連邦地方裁判所に訴えた。「スティーブン・バイ・スティーブ・マデン(Steven par Steve Madden)」の「Setta」というモデルが、「スケッチャーズ」の「スケッチャーズ・ゴー・ウォーク(Skechers Go Walk)」ラインの主なデザイン的要素を模倣しているという。
 
 広報を通じて、業務部長のデヴィッド・ウェインバーグ(David Weinberg)はこう述べている。「スケッチャーズは、スケッチャーズ・ゴー・ウォークと他の人気のあるラインに対して、デザイン、デベロップメント、プロモーションと、多額の投資をしてきた。ブランドのアイデンティティーにも等しいものを構築してきたつもりだ。商業的なプランに則って自由な競争をしたいのは山々だが、スティーブ・マデンは、スケッチャーズを扱っている小売店や他の販売店に対して、そのコピーを販売している。このことは、我々のブランドイメージに対して大きな偏見を招きかねないと判断した」。
 
 スケッチャーズは損害賠償と制裁を求めており、この措置を他にも重要なデザイン要素を模倣した商品を製造しているブランドや、それを販売している小売業者にも適応したい意向を示している。
 

不許複製・禁無断転載
© 2018 FashionNetwork.com

ファッション - シューズリテール
新規登録