×
134
求人
SHISEIDO
Assistant Brand Manager For Brand Development Japan Group, Elixir Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Brand Marketing Director
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Assistant General Counsel - Privacy & Security
正社員 · Tokyo
NIKE
j30 Operations Technology Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Brand Marketing For Effectim
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Commercial Finance Director
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Associated Brand Manager, Brand Development Asia g, Elixir Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
NIKE
j30 Project Management Office Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Product Innovation Group, The Ginza Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager of Microbial Quality
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Finance Manager
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Makeup Group, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Assistant Brand Manager, Brand Development China/tr/New Market g, Anessa Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Staff, Financial Planning & Analysis, Baum Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Digital Project Manager (Shu Uemura International)
正社員 · Tokyo
NIKE
Director, Consumer, Marketplace And Marketing Technology - Japan
正社員 · Tokyo
NIKE
Technology Manager, Digital Transformation Program Office (Dtpo)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Demand Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Category Buyer
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Retail Supply Chain Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
R&D Manager, Global Professional Business Div. Shiseido Professional Brand Unit
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Business Intelligence & Strategy Analyst / Manager
正社員 · Tokyo
掲載日
2017/04/04
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

マッシモ・ジョルジェッティ、「プッチ」との契約更新せず? またもデザイナー交代か

掲載日
2017/04/04

 「エミリオ・プッチ(Emilio Pucci)」のクリエイティブディレクターが、またも交代する可能性が浮上している。関係者筋の情報によると、現デザイナーのマッシモ・ジョルジェッティ(Massimo Giorgetti)は「プッチ」との契約を更新せず、ブランドが後任探しを始めているという。

マッシモ・ジョルジェッティ  Emilio Pucci Fall/Winter2017 womenswear show in Milan - © PixelFormula


 2000年にLVMHが「エミリオ・プッチ」を買収し、アントニオ・べラルディ(Antonio Berardi)をクリエイティブディレクターに起用した。その後も、ジュリオ・エスパーダ(Julio Espada)、クリスチャン・ラクロワ(Christian Lacroix)、マシュー・ウィリアムソン(Matthew Williamson)、ピーター・デュンダス (Peter Dundas)、そしてジョルジェッティ、とデザイナーの交代が相次いでいる。一番長かったのはデュンダスで、15年春夏から5年間務めた。
 
 ジョルジェッティ側の広報は、2018年「エミリオ・プッチ」との3年間の契約が2018年4月で終了するとしている。

 しかし、同時にジョルジェッティが「プッチ」に不満を抱いていることはないとも念を押した。「マッシモは『プッチ』での仕事に非常に満足している。もし問題があるとすれば、週3回『プッチ』で仕事をする傍らで、拡大しつつある自身のブランド『MSGM』のビジネスを手掛ける、といった部分のバランスではないか」と広報。しかし、昨年「プッチ」の本社がフィレンツェから「MSGM」と同じミラノへ移ったことで、交通面では遥か楽になったとも話す。LVMHが現在後任者候補の面接を行っているのではないか、との質問には、「LVMHは常に才能ある人材を探している。傘下には多くのブランドがあるし、『プッチ』に関しては何も知らない」と答えた。
 
 一方で、関係者筋によると、創業者の娘でメゾンの会長を務めるラウドミア・プッチ(Laudomia Pucci)がジョルジェッティにあまり満足していなかったという話もある。彼のデザインが、「プッチ」の高級感にそぐわない庶民的なものだと考えていたようだ。
 
 イタリアのリミニに生まれたマッシモ・ジョルジェッティは、2009年に自身のブランド「MSGM」を設立。鮮やかなプリント使いで瞬く間にカルト的な人気を収め、現在では世界中600店舗で販売されている。年間売上高は4500万ユーロ(約52億9800万円)と見られており、「プッチ」の16年推定売上高が4700万ユーロ(約55億3400万円)であることを鑑みれば、ちょうど同規模のビジネスであると言えるだろう。しかし、「MSGM」が成長を続けているのに比べ、「プッチ」は横ばい傾向にあり、今年度は逆転することも考えられる。
 
 昨年夏には、フィレンツェ近郊にあるプッチ一族の土地、ヴィラ・グラナイオーロで開催された展覧会「プッチ・エレメンツ(Pucci Elements)」の監修も出がけたジョルジェッティ。同展では、創業者と後継者全員のデザインが展示された。
 
 現在のところ、「エミリオ・プッチ」側はこの件についてコメントを発表していない。
 
 マッシモ・ジョルジェッティは、次回6月にミラノ メンズファッションウィークにてランウェイショーを披露する。
 

(2017年4月4日現在、1ユーロ=118円)
 

不許複製・禁無断転載
© 2022 FashionNetwork.com