×
133
求人
SHISEIDO
Manager, Product Innovation Group, The Ginza Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager of Microbial Quality
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
fp&a Group Manager For Brand
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Finance Manager
正社員 · Minato City
NIKE
Operations & Logistics Technical Business Systems Analyst, Global Technology - Japan
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Category Extension Group, Marketing Dept., Sgbu
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Makeup Group, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Assistant Brand Manager, Brand Development China/tr/New Market g, Anessa Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Staff, Financial Planning & Analysis, Baum Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Digital Project Manager (Shu Uemura International)
正社員 · Tokyo
NIKE
Director, Consumer, Marketplace And Marketing Technology - Japan
正社員 · Tokyo
NIKE
Technology Manager, Digital Transformation Program Office (Dtpo)
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - 365 Creative Director
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Demand Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Category Buyer
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Retail Supply Chain Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
R&D Manager, Global Professional Business Div. Shiseido Professional Brand Unit
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Business Intelligence & Strategy Analyst / Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Marketing Manager/ Specialist, Global Professional Premium Hair Care Brand
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Ethics & Compliance Manager
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Neighborhood (Nbhd)/Authenticators Marketing Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Demand Planning Global Business Process Expert (dp Gbpe)
正社員 · TOKYO
掲載日
2020/01/14
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

良品計画/3~11月、北米・西南アジア不振で営業利益14.5%減

掲載日
2020/01/14

 良品計画が1月10日に発表した2020年2月期第3四半期決算によると、営業収益3282億300万円(前年同期比7.9%増)、営業利益298億2000万円(14.5%減)、経常利益301億7400万円(15.5%減)、親会社に帰属する当期利益205億300万円(32.4%減)となった。

無印良品店舗イメージ


 国内事業営業収益は2057億300万円(8.8%増)、セグメント利益は204億6500万円(5.1%減)。11月末の国内店舗数は、478店舗(前期末差20店舗増)となった。
 
 台風や大雨の影響による営業の短縮や休業が発生したが、消費税増税前の駆け込み需要の取り込み、顧客向け施策が功を奏し、営業収益が増加した。

 衣服・雑貨では「綿フランネルスタンドカラーシャツ」、「ウールシルク」シリーズが好調に推移。「肩の負担を軽くする撥水リュックサック」や「撥水サコッシュ」のバッグも伸長した。
 
 生活雑貨では、毛布や寝装ファブリックの動向が良く、「シリコーン調理スプーン」などの価格見直しアイテムが売上を伸ばした。食品では、「レトルトカレー」シリーズ、「不揃いバウム」シリーズなどの商品が好調だったという。
 
 東アジア事業の営業収益は903億3000万円(4.0%増)、セグメント利益は115億6000万円(13.3%減)。11月店舗数は、394店舗(前期末差19店舗増)となっている。
 
 東アジア事業の一部の国や地域での情勢不安等により、セグメント利益が減少したが、中国においては衣服が好調に推移した。生活雑貨では価格を見直したノート、中国企画商品の「ステンレスマグ」が伸長した。
 
 欧米事業の営業収益は197億1200万円(18.0%増)、セグメント損失は27億48百万円(前年同期は8億15百万円の損失)。11月末の店舗数は、70店舗(前期末差3店舗増)となった。
 
 欧州においては、衣服・雑貨商品が好調に推移し、新規国での出店を行い増収となったが、開店前費用が増加した。北米では経費のコントロールを行い改善を進めたが、在庫増に伴い差益率が悪化、売上計画も未達だった。
 
 西南アジア・オセアニア事業の営業収益は124億5600万円(7.3%増)、セグメント損失は1億6100万円(前年同期は3憶24百万円の利益)。11月末の店舗数は、82店舗(前期末差7店舗増)となっている。
 
 マレーシアでは、衣服・雑貨の定番商品が継続して好調に推移し、売上の下支えができた。シンガポールでは価格を見直した紳士、婦人のカットソーが大きく伸長したが、人件費・物流費は増加している。オーストラリアでは改装にかかる宣伝費などの経費が先行した。
 
 通期は、営業収益4437億円(前期比8.3%増)、営業利益378億円(15.5%減)、経常利益380億円(17.1%減)、親会社に帰属する当期利益251億円(25.8%減)を見込んでいる。



Copyright © 2019 All rights reserved.

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com