×
35
求人
L'OREAL GROUP
Japan CRM Manager (IT)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan (Senior) Product Manager (Shu Uemura International)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Product Manager (Luxe, Giorgio Armani Beauty)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Product Manager (Active Cosmetics Division, la Roche-Posay)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Data Strategy Director/Manager (Cdo)
正社員 · Tokyo
PUMA
Content Management Manager, E-Commerce
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Retail Marketing Project Manager (Shu Uemura International)
正社員 · Tokyo
LULULEMON
Educator | Ginza
正社員 · Tokyo
LULULEMON
Educator | Ginza
正社員 · Tokyo
ESTÉE LAUDER
Test
正社員 · Funabashi
ESTÉE LAUDER
応募不可Aveda 10月
正社員 · Musashino
BEAUTYSTREAMS
Seeking Social Media & Product Bank Interns Japan Related Content
インターン · TOKYO
BEAUTYSTREAMS
Seeking Social Media & Product Bank Interns Japan Related Content
インターン · TOKYO
L'OREAL GROUP
Japan Retail Design Group Manager (Luxe)
正社員 · Tokyo
PUMA
Controller/Specialist (fp&a)
正社員 · Tokyo
LULULEMON
Part Time Educator | Roppongi
正社員 · Tokyo
LULULEMON
Educator Factory Outlet | Gotemba Premium Outlet
正社員 · Shizuoka
LULULEMON
Educator | Add Store Name Here
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan E-Commerce Customer Care Agent
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Finance Accountant
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Consumer Market Intelligence Researcher
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Digital & Social Specialist (Cdo)
正社員 · Tokyo
By
AFP
掲載日
2018/11/08
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

エルメス、7-9月は9.4%の増収

By
AFP
掲載日
2018/11/08

 エルメス(Hermès)が発表した2018年第3四半期(7-9月)決算は、バッグとアパレルがけん引し9.4%増となった。

Hermès a ralenti très légèrement sa croissance au trimestre dernier - Hermès © Kyle Yu


 2018年7-9月のグループの売上高は14億6000万ユーロ(約1896億2300万円)。これはファクトセットのアナリスト予想平均14億4000万ユーロ(約1870億2500万円)を上回る。
 
 オーガニックグロースは9.6%だが、前四半期から比べるとやや減速。第1四半期は10.8%、第2四半期は11.6%を記録していた。

 「1-9月は全ての地域で非常に堅調な伸びを記録した。今後についても楽観視している」とアクセル・デュマ(Axel Dumas)CEO。
 
 第3四半期累計(1-9月)売上高は43億1000万ユーロ(約5597億7700万円)、オーガニックグロースは10.7%となった。不利な為替により1億7000万ユーロ(約220億7900万円)相当の影響が出たという。

 米中間の貿易戦争への懸念によるラグジュアリー企業の株価下落が相次いでいるが、「現在のところ中国市場に大きな変化は見られていない」とCEOは強調している。
 
 「世界経済、情勢、為替などの先行き不透明感が高まるが、中期的な成長目標としては恒常為替レート換算で十分に高い値を設定している」ともグループ。
 
 2017年度の業績では様々な値が過去最高となったが、特に営業利益率は34.6%に上った。
 

(2018年11月8日現在、1ユーロ=130円で換算)
 

無断複製・無断転載禁止
© 2021 Agence France-Presse
この記事(もしくはこのページ全体)にある情報は、フランス通信社の権利下にあります。 フランス通信社の許可なくこれらの情報を複製・編集・転載・翻訳・商業利用・その他再利用することは硬く禁じられています。フランス通信社は、遅延・誤り・ 遺漏、あるいはこのページの情報を元に行われた行為やその結果に対して、一切の責任を負いかねます。