×
132
求人
SHISEIDO
E-Commerce Director
正社員 · Tokyo
TOMORROWLAND
システムエンジニア
正社員 · 東京都
SAZABY LEAGUE, LTD. LITTLE LEAGUE COMPANY
卸営業
正社員 · 東京都
SAZABY LEAGUE, LTD. LITTLE LEAGUE COMPANY
経理
正社員 · 東京都
CANADA GOOSE
Financial Planning & Analysis Manager
正社員 · 東京都
SHISEIDO
Manager, Global Procurement Excellence Group
正社員 · Tokyo
AESOP
HR Operations Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Global Business Solution Lead For Marketing (Gbsl - Ctm)
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Global Business Solution Expert For Otc
正社員 · Tokyo
AESOP
CRM Coordinator
正社員 · Tokyo
AESOP
Accounting Manager (アカウンティング マネージャー)
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Group Manager, Logistics Service Group, Global Logistics Dept
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Associate Brand Manager, Product Innovation Group, Elixir Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Business Intelligence & Strategy Analyst / Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Regional Area Manager, Strategy & Business Development, Cle de Peau Beaute Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Group Manager, Safety Group, Safety, Quality & Sustainability Dept
正社員 · Tokyo
AESOP
Senior Art Director - シニアアートディレクター
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Regional Trade Marketing - Area Manager (China), Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Regional Trade Marketing - Area Manager, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
PUMA
Assistant Sport Marketing Executive
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Accounting Manager, Finance Accounting Dept
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Regional Business Development Staff, Cle de Peau Beaute Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
By
AFP
掲載日
2020/04/22
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

ケリング1-3月、15%の減収も今後の回復には「自信」

By
AFP
掲載日
2020/04/22

 「グッチ(Gucci)」、「サンローラン(Saint Laurent)」、「バレンシアガ(Balenciaga)」、「ボッテガ ヴェネタ(Bottega Veneta)」などを展開するケリング(Kering)が発表した第1四半期(1-3月)決算は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け15.4%の減収となったが、フランソワ=アンリ・ピノー(François-Henri Pinault)CEOは、「回復に自信を持っている」との見方を示した。

Gucci


 ケリンググループの第1四半期の売上高は15.4%減の32億ユーロ(約3743億8600万円)で、オーガニックグロースは16.4%減となっている。
 
 特に3月は、欧州と米国において多数の店舗が一時休業となったこと加え、観光客が途絶えたことや生産・物流拠点の部分的な休止に大きな打撃を受けたという。

 3月20日時点では、13%〜14%の減収、オーガニックグロース15%減と予想されていたが、実際はそれをわずかに上回る落ち込みとなった。
 
 「非常に厳しい状況にあって、堅調に推移した」とジャン=マルク・デュプレ(Jean-Marc Duplaix)最高財務責任者(CFO)。「予想にほぼ並ぶ結果ではあったが、アメリカの休業店舗が徐々に増えたことに加え、3月最後の週に物流拠点が閉鎖されたことがわずかな差に繋がった」と説明した。
 
 また、同氏は第2四半期に関して、「地域ごとの店舗再開スケジュールや形式がはっきりとわからない現在の状況では、予想することが非常に難しい」としている。
 
 3月20日時点では、「第2四半期の収益は、新型ウイルス拡大による地元・観光双方の客足低下に大きく影響されるだろう」との見方を示していた。
 
 第1四半期には利益率も低下しており、「年始は好調だったものの、その後のウイルス感染拡大が主要な市場に打撃を与えた。事業継続に全力を注ぎ、再開に向けて準備している」とピノーCEOはコメントしている。
 
 「ケリングの未来と、今後の回復、各メゾンの価値に自信を持っている。先行き不透明なこの状況を切り抜けた先で、それが強みになるだろう」。
 
 
(2020年4月22日現在、1ユーロ=117円で換算)
 

無断複製・無断転載禁止
© 2022 Agence France-Presse
この記事(もしくはこのページ全体)にある情報は、フランス通信社の権利下にあります。 フランス通信社の許可なくこれらの情報を複製・編集・転載・翻訳・商業利用・その他再利用することは硬く禁じられています。フランス通信社は、遅延・誤り・ 遺漏、あるいはこのページの情報を元に行われた行為やその結果に対して、一切の責任を負いかねます。