×
180
求人
AESOP
Accounting Manager (アカウンティング マネージャー)
正社員 · Tokyo
Y'S
営業アシスタント
正社員 · 東京都
Y'S
国内営業スタッフ
正社員 · 東京都
GUCCI
Gucci Store Planning Senior Project Manager
正社員 · 東京都
GUCCI
Gucci Back Office Specialist
正社員 · 東京都
GUCCI
Client Data & Insights Manager
正社員 · 東京都
SHISEIDO
Group Manager, Logistics Service Group, Global Logistics Dept
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Associate Brand Manager, Product Innovation Group, Elixir Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
BAROQUE JAPAN LIMITED
人事労務担当
正社員 · 東京都
BAROQUE JAPAN LIMITED
Ecサイト運営担当
正社員 · 東京都
UNITED ARROWS LTD.
【正社員】アプリエンジニア
正社員 · 東京都
UNITED ARROWS LTD.
【正社員】システムインフラ担当 ※インフラをメインとした新規システム企画
正社員 · 東京都
UNITED ARROWS LTD.
プロジェクトマネジャー
正社員 · 東京都
RESTIR
Ec事業部 メンズ 営業/企画
正社員 · 東京都
RESTIR
Ec事業部 ウィメンズ 営業/企画
正社員 · 東京都
RESTIR
ロジスティクス
正社員 · 東京都
SHISEIDO
R&D Manager, Global Professional Business Div. Shiseido Professional Brand Unit
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Business Intelligence & Strategy Analyst / Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Regional Area Manager, Strategy & Business Development, Cle de Peau Beaute Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
資生堂インタラクティブビューティー株式会社 HR Generalist / HR Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
fp&a Manager, Region Finance Group, Strategic Finance Dept
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Group Manager, Safety Group, Safety, Quality & Sustainability Dept
正社員 · Tokyo
掲載日
2016/06/22
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

ミラノ メンズコレクション、若い世代に向けたスポーティーでコンフォートなファッションを提案

掲載日
2016/06/22

 6月21日に幕を閉じたミラノ メンズファッションウィーク。参加ブランド数は減少したものの、充実した内容のコレクションが披露された。

Dolce & Gabbana - © PixelFormula


 「今シーズンは特に海外からのバイヤーも戻って来て、20%と増加した」とイタリアファッション協会のカルロ・カパサ(Carlo Capasa)会長。各コレクションで目についたのは、非常にリアルなアイテムと、"メイド・イン・イタリー"のクオリティだ。
 
 スポーティーな「ヴェルサーチ(Versace)」、トレッキングといったアウトドア要素を取り入れた「プラダ(Prada)」、「フェラガモ(Ferragamo)」のエクスプローラーに、ラッパー・ストリートバスケッター風のダウンタウンスタイルを提案した「フィリップ・プレイン(Philipp Plein)」、「モンクレール ガム ブルー(Moncler Gamme Bleu)」のボーイスカウト、「ダーク・ビッケンバーグ(Bikkembergs)」や「フェンディ(Fendi)」アスリート要素など、若い世代に向け、コンフォートでスポーティーなデザインを前面に押し出すブランドが目立った。

Dirk Bikkembergs


 「グッチ(Gucci)」や「ドルチェ&ガッバーナ(Dolce & Gabbana)」のようにクラシックスタイルの勢いも衰えてはいないものの、よりリラックスした要素がプラスされていた。

 トラッドなワードローブには、ネイビー、カーキ、ブラック、ボルドーといった彩度を抑えたカラーパレットを使い、よりリアルで機能的、日常に取り入れやすいアイテムに昇華。
 
 シャツジャケットや、チュニック、カフタンといったアイテムと同様、パンツもルーズフィットでしなやかなものが主流に。ショートパンツのサイズ感もより大きくなり、素材にはレザーや軽量ナイロンなど、新しい素材を用いる傾向が見られた。

MSGM - © PixelFormula


 ウィンドブレーカー、パーカーといったアイテムが、17年春夏シーズンのマストとなりそうだ。また、バイクやスキー用の衣服を思わせる、ナイロン製のパンツなども登場。
 
 足元にはソックスにコンフォートサンダルをスタイリング。レギンスやジョギングパンツなどと並んで、ソックスは外せない小物となっている。
 
 こうしたリラックススタイルの流れを汲んで、トップスにもオーバーサイズのポロやTシャツ、ライトなニットが多く見られた。
 
 ディテールとしては、ビッグサイズのポケット、服に直接下げたコードなど、世界を飛び回る旅行者のユーティリティを考えたスタイルが。

Marni - © PixelFormula


 特にユニークなコレクションを披露した「マルニ(Marni)」は、3つのピースを継ぎ合わせたシャツなど、ベルクロで留めた分解可能な服を提案していた。
 
 来夏のメンズワードローブは、ベーシックで機能的なアイテムに、ボーダーやバンド使い、変わったプリントやスパンコールなど、ユニークなディテールをプラスしたものになりそうだ。
 
 また、スカーフ風に首周りにネクタイを巻くルックで見られるような "紐"使いや、唇、鼻、耳にあしらったメタルアクセサリーにも注目したい。
 
 

不許複製・禁無断転載
© 2022 FashionNetwork.com