×
347
求人
SHISEIDO
Group Manager, Digital Strategy & Execution, Cle de Peau Beaute Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Information Security Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Financial Controller, Strategic Finance Department
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Regional Business Development Staff, Cross Boarder Strategist, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Regional Business Development Staff, s&op Strategist, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Information Security Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager / Staff, Social / Kol / Influencer Management, Marketing & Communication
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Oversea Business Development Manager/Staff, Baum Group, Baum
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Product Manager (Staff-jr.Mgr) (Luxe)
正社員 · Tokyo
COACH
sr. Manager, Retail E-Commerce
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Regulatory Strategy Group
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Global Brand Holder Demand Planner
正社員 · Tokyo
YOHJI YAMAMOTO INC.
国内営業スタッフ【中途採用】 (売上・在庫管理、店舗サポート業務、取引先との商談・交渉 等)
正社員 · 東京都
YOHJI YAMAMOTO INC.
営業アシスタント (売上・在庫数の集計・データ分析)
正社員 · 東京都
YOHJI YAMAMOTO INC.
Ecサイト運営 (Ecサイトの運営管理 等)
正社員 · 東京都
H&M
Content Production Manager
正社員 · SHIBUYA CITY
BARNEYS NEWYORK
【サポートオフィス】システムチームスタッフ(正社員)
正社員 · 東京都
SHISEIDO
Strategic Human Resources Manager, People Division
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager / Staff, Social/Kol/Influencer Management, Marketing & Communica, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager/Staff, Marketing & Communication Development Department, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
資金マネージャー, 財務経理部 Treasury Manager, Financial Accounting Dept
正社員 · Tokyo
NIKE
Corporate Functions Business System Analyst Lead
正社員 · Tokyo
By
AFP-Relaxnews
掲載日
2019/07/22
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

エレン・マッカーサー財団、サステナブルなデニム製造に関する新ガイドライン

By
AFP-Relaxnews
掲載日
2019/07/22

 イギリスのエレン・マッカーサー財団(The Ellen MacArthur Foundation)は、環境負荷を抑えたデニム製造を促す新しいガイドラインを発表した。

DR


 「The Jeans Redesign」には、商品の持続性、素材の健全性、リサイクル可能性、トレーサビリティ(追跡可能性)といった要素から、よりエシカル(倫理的な)商品を目指すガイドライン一式が記されている。研究機関から工場まで、デニムの専門家40組以上が作成に協力したという。
 
 同ガイドラインによると、ジーンズの生産には有害な化学物質や電気を使っためっきを排し、再生可能であったりオーガニックであったり、あるいは過渡的な方法で作られたセルロースファイバーを利用すべきで、さらに商品は少なくともとも30回の家庭洗濯に耐えられなくてはならない。

 現在このイニシアチブに署名しているのは「ギャップ(Gap)」、「H&M」、「リー(Lee)」、「トミー・ヒルフィガー(Tommy Hilfiger)」といった数ブランドで、来年から "リデザイン"したジーンズを数型発売する予定だという。同ガイドラインに沿って作られたジーンズには認定ロゴをつけることができる。
  
 「我々がデニムを生産する過程は、廃棄物や汚染といった大きな問題を起こしている。しかし、このような生産方法を維持する必要はない」とエレン・マッカーサー財団の「Make Fashion Circular」イニシアチブを手掛けるフランソワ・スーシェ(Francois Souchet)。「共に手を取り合うことで、より息の長い、そして最後には再利用できるようなジーンズを作ることが可能となる。そして自然環境や労働環境にもより良い生産が叶うはずだ」。
 
 エレン・マッカーサー財団はこの3月にも、ファッションやビューティブランドに関するプラスチックごみの問題を取り上げた「New Plastics Economy Global Commitment」イニシアチブをスタートしている。

 

Copyright © 2023 AFP-Relaxnews. All rights reserved.